国道160号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道160号標識
国道160号
能登立山シーサイドライン
地図
総延長 45.3 km
実延長 45.3 km
現道 45.3 km
制定年 1953年昭和28年)指定
起点 石川県七尾市
川原町交差点(北緯37度2分31.03秒 東経136度58分11.17秒 / 北緯37.0419528度 東経136.9697694度 / 37.0419528; 136.9697694 (川原町交差点)
主な
経由都市
富山県氷見市
終点 富山県高岡市
四屋IC(北緯36度45分42.54秒 東経137度0分25.31秒 / 北緯36.7618167度 東経137.0070306度 / 36.7618167; 137.0070306 (四屋IC)
接続する
主な道路
(記法)
国道159号標識 国道159号
国道249号標識 国道249号
国道8号標識 国道8号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
国道160号 起点ポスト
石川県七尾市 川原町交差点
国道160号 終点
富山県高岡市 四屋IC

国道160号(こくどう160ごう)は、石川県七尾市から富山県高岡市に至る一般国道である。

概要[編集]

灘浦海岸沿いを通る国道160号
石川県七尾市百海町

多くの区間で富山湾や、灘浦海岸沿岸を通っており、湾を挟んで立山が見えることから能登立山シーサイドラインの愛称が付されている[1]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

道の駅[編集]

  • 石川県

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

※終点の約400 m西に国道156号終点がある

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 能登・立山シーサイドライン”. 高岡・氷見・七尾広域観光事業促進連絡協議会. 2013年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月17日閲覧。
  2. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年5月26日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年10月18日閲覧。
  5. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。

関連項目[編集]