国道199号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道199号標識
国道199号
総延長 46.4 km
実延長 46.4 km
現道 33.1 km
制定年 1953年指定
起点 福岡県北九州市門司区地図
終点 福岡県北九州市八幡西区
日吉交差点(地図
接続する
主な道路
(記法)
国道198号標識 国道198号
国道495号標識 国道495号
国道3号標識 国道3号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
北九州市小倉北区浅野
北九州市若松区童子丸(奥洞海駅付近)

国道199号(こくどう199ごう)は、福岡県北九州市門司区から、同市八幡西区に至る一般国道である。

概要[編集]

北九州市内で完結する一般国道の路線で、門司港にある門司港湾合同庁舎前から関門海峡の海岸線や洞海湾の北岸沿いに西へ向かい、若戸大橋若松港がある洞海湾を渡り、八幡西区の国道3号交点(日吉交差点)に至る。門司区から小倉北区にかけては国道3号と並行しているが、JR鹿児島本線の両側に位置する関係から、両道路の接続は良くない。若松から終点の折尾までの間はJR筑豊本線(若松線)と並走するルートをたどる。起点の門司港湾合同庁舎前は、港国道でもある国道198号の起点も兼ねており、本路線は国道198号と道なりに結ばれる。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

道路法(昭和27年法律第180号)に基づく二級国道として初回指定された路線のひとつである。国道指定当初は洞海湾を跨ぐはなかったが、1962年に日本道路公団が管理する有料道路として若戸大橋が完成供用された。若戸大橋の管理は、日本道路公団解散直前の2005年平成17年)9月30日に北九州市へ移管されることとなり[5]、北九州市は北九州市道路公社設立までの間は北九州市が管理をする対応とし[6]、2006年(平成18年)4月1日に同公社へ管理を移行した[5]。若戸大橋を巡っては、2005年4月から約1年間にわたって国道199号の区域を解除されて北九州市道川代本町1号線となっていた。

年表[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 支線など
    • 小倉北区砂津 - 戸畑区元宮町。砂津交差点で国道3号から分岐し、元宮町で若戸大橋に接続する。
    • 小倉北区許斐町 - 大字板櫃。
    • 砂津バイパス:小倉北区末広一丁目 - 浅野一丁目。砂津川河口部に新たに新砂津大橋を建設し、現道の屈曲によって発生している渋滞を解消することを目的とする。2008年度着工予定、2013年度供用開始予定[17]だったが、工事の遅れで2016年11月18日に暫定2車線で供用開始した[18]
    • 本城バイパス:若松区二島一丁目 - 八幡西区日吉台一丁目。1978年(昭和53年)12月25日供用開始[19]。旧道もそのまま国道として指定、複経路となっており、旧道西端にあった「折尾隧道」は「折尾地区総合整備事業」の一環として切り崩され、法面へと変更された。

道路施設[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

本線[編集]

支線[編集]

(小倉北区砂津 - 戸畑区元宮町)

(若松区二島 - 八幡西区日吉台一丁目:本城バイパス)

  • 国道199号(本線)・福岡県道277号頓田二島線(若松区、二島一丁目交差点、鴨生田交差点)
  • 福岡県道26号北九州芦屋線(若松区、鴨生田交差点)
  • 福岡県道278号払川折尾線(八幡西区、本城三丁目交差点)
  • 福岡県道11号有毛引野線(八幡西区、力丸町交差点)
  • 国道199号(本線)(八幡西区)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在
  3. ^ 1963年2月10日5市が合併して北九州市発足。同年4月1日に政令指定都市に移行して門司区発足。
  4. ^ 1963年2月10日5市が合併して北九州市発足。同年4月1日に政令指定都市に移行して八幡区発足。1974年4月1日分区して八幡西区発足。

出典[編集]

  1. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年11月21日閲覧。
  2. ^ 北九州市路線情報提供システム - 9番地図(PDF)”. 北九州市. 2012年11月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 11. 2017年3月26日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年11月21日閲覧。
  5. ^ a b 年表”. 若戸大橋50周年記念特設サイト. 北九州市道路公社. 2012年7月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月22日閲覧。
  6. ^ 北九州市若戸大橋通行料金条例の一部を改正する条例(平成17年9月26日北九州市条例第46号) (PDF)”, 北九州市公報 第1423号: 704-705, (2005年10月17日) [リンク切れ]
  7. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  8. ^ 若戸大橋・若戸トンネルについての概要”. 北九州市道路公社. 2012年11月22日閲覧。
  9. ^ 道路の区域変更(平成17年3月17日北九州市告示第102号) (PDF)”, 北九州市公報 第1410号: 200, (2005年4月1日) [リンク切れ]
  10. ^ 道路の区域変更(平成17年3月17日北九州市告示第103号) (PDF)”, 北九州市公報 第1410号: 201, (2005年4月1日) [リンク切れ]
  11. ^ 市道の路線認定(平成17年3月17日北九州市告示第100号) (PDF)”, 北九州市公報 第1410号: 200, (2005年4月1日) [リンク切れ]
  12. ^ 道路の区域変更(平成17年4月4日北九州市告示第359号) (PDF)”, 北九州市公報 第1411号: 379, (2005年4月15日) [リンク切れ]
  13. ^ 道路の区域変更(平成17年4月4日北九州市告示第360号) (PDF)”, 北九州市公報 第1411号: 379, (2005年4月15日) [リンク切れ]
  14. ^ 道路の区域変更(平成18年4月28日北九州市告示第237号) (PDF)”, 北九州市公報 第1451号: 1153, (2006年4月28日) [リンク切れ]
  15. ^ 道路の区域変更(平成18年4月28日北九州市告示第238号) (PDF)”, 北九州市公報 第1451号: 1154, (2006年4月28日) [リンク切れ]
  16. ^ 若戸大橋・若戸トンネルの無料開放について (PDF)”. 北九州市道路公社 (2018年8月2日). 2018年12月1日閲覧。
  17. ^ 一般国道199号 砂津バイパス (PDF)”. 公共事業事前評価調書(事前評価). 北九州市. 2016年11月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月9日閲覧。
  18. ^ 国道199号での交通切替のお知らせ (PDF)”. 北九州市. 2016年11月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月15日閲覧。
  19. ^ 八幡西区のあゆみ”. 北九州市. 2013年6月10日閲覧。
  20. ^ 若戸大橋開通50周年記念 戸畑イベント”. 北九州市. 2013年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月2日閲覧。

関連項目[編集]