国道226号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道226号標識
国道226号
総延長 147.7 km
実延長 133.2 km
現道 130.1 km
制定年 1953年指定(1993年延伸)
起点 鹿児島県南さつま市
市役所前交差点(地図
終点 鹿児島県鹿児島市
照国神社前交差点(地図
接続する
主な道路
(記法)
国道270号標識 国道270号
国道225号標識 国道225号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
黒瀬海岸付近から野間岬方面を望む(南さつま市笠沙)
開聞岳を望む(南九州市頴娃町)

国道226号(こくどう226ごう)は、鹿児島県南さつま市から同県鹿児島市に至る一般国道である。

概要[編集]

薩摩半島南部沿岸を通過する。南さつま市笠沙町から枕崎市までは、東シナ海に沿った急峻な地形を進むため、片側1車線に満たない地点や、雨量規制や越波規制の可能性のある区間が存在する。沿道には、吹上浜、越路浜、野間池、野間岬ウィンドパーク、笠沙恵比寿、鑑真上人上陸記念館、枕崎おさかなセンター、池田湖開聞岳、長崎鼻公園、指宿温泉、平川動物公園などがある。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。政令上の起点は加世田市となっているが、合併に伴い、2005年(平成17年)11月7日以降は南さつま市となっている。

歴史[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日
    • 二級国道226号枕崎指宿鹿児島線(枕崎市 - 指宿市 - 鹿児島市)として指定施行[4]
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    • 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道226号として指定施行[1]
  • 1993年平成5年)4月1日
    • 起点側を延伸し、一般国道226号(加世田市[注釈 2] - 鹿児島市)として指定施行[5]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 国道225号(鹿児島市下福元町影原交差点 - 終点)
  • 国道269号(国道269号起点 - 指宿市国立病院前交差点)

道路施設[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

  • 国道270号(南さつま市、枕崎市)
  • 国道225号(枕崎市、鹿児島市)
  • 国道269号(指宿市)
  • 国道3号、国道10号(鹿児島市) 

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c 2005年11月7日に1市4町が合併して南さつま市発足。
  3. ^ 2006年1月1日に指宿市ほか2町が合併して指宿市発足。
  4. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]