国道227号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般国道

国道227号標識

国道227号
総延長 69.8 km
実延長 69.8 km
現道 69.8 km
制定年 1953年指定
起点 北海道函館市
万代こ線橋交差点(地図
終点 北海道檜山郡江差町地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0005.svg国道5号
Japanese National Route Sign 0229.svg国道229号
Japanese National Route Sign 0228.svg国道228号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

国道227号(こくどう227ごう)は、北海道函館市から同道檜山郡江差町に至る一般国道である。

概要[編集]

北海道の三桁国道では最も番号の小さい国道である。起終点を同じくし、松前半島沿岸を通過する国道228号に対し、本路線は渡島半島を横断するコースをとる。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

終点は指定当初から江差町であるが、政令による終点表記は、1953年の二級国道指定時は江差郡江差町[6]、1965年の改正時は「桧山郡江差町」と表記されていた[7]。1993年の改正で現在の表記となった。

年表[編集]

  • 1953年(昭和28年)5月18日
    • 二級国道227号函館江差線(函館市 - 北海道江差郡江差町)として指定施行[6]
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    • 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道227号(函館市 - 北海道桧山郡江差町)として指定施行[7]

工事・路線変更に伴う年表[編集]

参考資料

函館市

上磯郡上磯町(現・北斗市

  • 1971年(昭和46年) - 1972年(昭和47年)
    • 函館市境界・上磯町字七重浜1丁目・2丁目 - 同七重浜2丁目・7丁目:道路改良工事
  • 1980年(昭和55年) - 1981年(昭和56年)
    • 上磯町字追分(現・追分1丁目・2丁目) - 大野町字萩野(現・北斗市萩野):道路改良工事
      • この工事に伴って、追分橋と第一久根別橋の架け替えが行われた。
  • 1982年(昭和57年)
    • 上磯町字七重浜(現・七重浜5丁目・6丁目) - 同追分(現・追分1丁目・2丁目):道路改良工事

亀田郡大野町(現・北斗市)

  • 1966年(昭和41年) - 1967年(昭和42年)
    • 大野町字中山 - 厚沢部町字峠下:中山トンネル工事
  • 1967年(昭和42年) - 1970年(昭和45年)
    • 大野町字市渡 - 厚沢部町字峠下:道路改良工事
      • 上記2つの工事に伴って、下二股橋・天狗橋・下天狗橋・中天狗橋・上天狗橋・大和橋・中山橋が新設され、旧道部分は廃道となった。
  • 1982年(昭和57年) - 1988年(昭和63年)
  • 1984年(昭和59年) - 1989年平成元年)
    • 大野町字東前 - 同清水川:道路改良工事
      • この工事に伴って第二久根別橋の架け替えが行われた。
  • 1989年(平成元年) - 事業中
    • 大野町字中山:登坂車線新設工事
      • この工事に伴って、下二股橋下り側(函館(起点)方向)に橋が増設された。当初は下二股橋に前後して中央分離帯が作られていたが、後に中央分離帯が現在の登坂車線全区間まで延長施工されている。また、現在も中山峠頂上(終点側)方向への登坂車線延長工事が行われている。
  • 2000年(平成12年)12月 - 2005年(平成17年)3月
    • 大野町字中山:堆雪拡幅工事
      • この工事に伴って中央分離帯が設置された。

檜山郡厚沢部町

  • 1966年(昭和41年) - 1967年(昭和42年)
    • 厚沢部町字富栄 - 同中網:道路改良工事
  • 1967年(昭和42年) - 1972年(昭和47年)
    • 厚沢部町字木間内 - 同鶉:道路改良工事
  • 1968年(昭和43年) - 1969年(昭和44年)
    • 厚沢部町字美和 - 江差町字柳崎:道路改良工事
  • 1972年(昭和47年) - 1978年(昭和53年)
    • 厚沢部町字峠下 - 同木間内:道路改良工事
      • 鶉ダムの建設に伴う路線変更による工事。同工事に伴って旭トンネルと稲倉山トンネルが新設された。切り替え直後の旧道は一般車両通行止めとなっていたが、ダムの完成後、ダム堤体下流側に鶉ダムオートキャンプ場(ハチャムの森)が開設され、ダム堤体下流側までの区間が町道となった。なお、ダム堤体上流側は水没箇所となっているために現在も通行止めである。
  • 1977年(昭和52年) - 1979年(昭和54年)
    • 厚沢部町字上の山 - 同緑町:道路改良工事
  • 1994年(平成6年) - 1995年(平成7年)
    • 厚沢部町字上の山:視距改良その他工事
      • この工事により線形を改良して視距と急カーブを改善すると同時に新道が設置された。旧道部分は現在は資材置き場として使われている。
  • 1994年(平成6年) - 1996年(平成8年)
    • 厚沢部町字峠下:登坂車線改良外一連工事
      • この工事により、三角沢橋・麓橋(ふもとばし)の上り車線側(函館(起点)方向)に橋が増設された。
  • 2002年(平成14年) - 2003年(平成15年)
    • 厚沢部町字松園(北海道道634号城丘江差線交点付近):視距改良工事
      • この工事により山側を切削し、線形を改良して視距を改善すると同時に拡幅を行い、道道側への右折車線も設置された。

檜山郡江差町

  • 1968年(昭和43年)
    • 厚沢部町字美和 - 江差町字柳崎:国道229号交点改良工事
      • 同箇所においてはその後にも、導流島を撤去して丁字路化する改良工事が行われた[注釈 4]
  • 1970年(昭和45年) - 1971年(昭和46年)
    • 江差町字田沢町 - 同尾山:道路改良工事
      • この改良で海側に新道が作られ、旧道は町道尾山田沢通線となった。
  • 1971年(昭和46年) - 1973年(昭和48年)
    • 江差町字泊町 - 同中歌町(終点):道路改良工事
      • 国道228号の江差町 - 上ノ国町間の道路改良工事と共に行われた。この改良で海側に新道が作られ、旧道の泊町・大澗・愛宕町・豊川町及び中歌町の一部は町道になり、中歌町の残り部分道路は北海道道5号江差木古内線(現・いにしえ街道)となった後に町に移管された。

路線状況[編集]

通称[編集]

重複区間[編集]

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 中山トンネル (580m)(峠山頂 / 標高353m)
  • 旭トンネル (167m)
  • 稲倉石トンネル (413m)

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

渡島総合振興局

函館市
北斗市

檜山振興局

檜山郡厚沢部町
檜山郡江差町

主な峠[編集]

  • 中山峠(渡島中山峠)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2006年2月1日に2町が合併して北斗市発足。
  3. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在
  4. ^ この部分については、2018年6月11日閲覧の道路台帳には改良前の線形(中心線)の記載と改良後の道路現況図の記載はあるものの、施工年月日が記載されていないため、この表記とした。
  5. ^ にしんルネサンス - 「にしん街道」標柱の設置より。2018年6月10日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年4月18日閲覧。
  2. ^ a b c 国土交通省北海道開発局函館開発建設部公物管理課所有の国道227号道路台帳より。2018年6月11日・6月19日閲覧
  3. ^ Google Mapにて2018年6月11日に確認。
  4. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 12. 2017年4月16日閲覧。
  5. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年4月18日閲覧。
  6. ^ a b ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  7. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)

関連項目[編集]