国道240号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道240号標識
国道240号
地図
総延長 149.3 km
実延長 118.2 km
現道 118.2 km
制定年 1953年昭和28年)指定
起点 北海道釧路市
大楽毛・大楽毛西1交差点
北緯43度0分43.17秒 東経144度15分56.03秒 / 北緯43.0119917度 東経144.2655639度 / 43.0119917; 144.2655639 (大楽毛・大楽毛西1交差点)
主な
経由都市
北海道網走郡美幌町
終点 北海道網走市北緯44度1分13.52秒 東経144度16分4.59秒 / 北緯44.0204222度 東経144.2679417度 / 44.0204222; 144.2679417
接続する
主な道路
(記法)
国道38号標識 国道38号
国道336号標識 国道336号
国道274号標識 国道274号
国道241号標識 国道241号
国道243号標識 国道243号
国道39号標識 国道39号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
阿寒川沿いの国道240号(釧路市内)

国道240号(こくどう240ごう)は、北海道釧路市から網走郡美幌町を経て、網走市に至る一般国道である。

概要[編集]

釧北峠を境に、起点からは「まりも国道」[1]、終点側の国道39号分岐点からは「釧北国道」[2]と称される。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[3][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

網走郡津別町本岐の斜面下を通る760 m区間の土砂崩れ多発地帯において、幾度となく法面対策が行われていた。その後、地すべり地形であることが判明。2003年10月に学識経験者などから成る「本岐法面検討委員会」を設置し、地質や地形の鑑定を行ったところ「安全性から現道の存続は困難」との結論に至った。バイパス新設案と既存道路改修案が検討された結果、費用の面から既存道路が改修されることが決まり、2004年4月に本岐の市街地を通る津別町道および北海道道51号津別陸別線の一部を国道へ編入させ応急的に維持し、現道は廃道となった。国道編入区間は拡張工事が進められるが、土地収用法が行使されるなど計画通りに進んでおらず、5年以上経過した2009年5月現在も続いている[6]

年表[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日 - 二級国道240号釧路網走線(釧路市 - 網走市)として指定施行[7]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道240号として指定施行[3]
  • 2004年平成16年)4月[要出典] - 網走郡津別町大昭・本岐・双葉にかけて経路を変更[8][9]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • まりも国道[1][10]
  • 釧北国道[2]
  • 大通(美幌町内)

重複区間[編集]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

釧路総合振興局

釧路市

オホーツク総合振興局

網走郡津別町
網走郡美幌町
(国道39号との重複区間は省略)
網走市

主な峠[編集]

  • 釧北峠(標高594 m) : 釧路市 - 網走郡津別町

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2005年10月11日に釧路市ほか2町が合併して釧路市発足。
  3. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 浅井建爾『道と路がわかる辞典』日本実業出版社、2001年11月10日、初版、62頁。ISBN 4-534-03315-X。
  • 昭文社 (2001), スーパーマップル 北海道道路地図 (2001年5月2版1刷 ed.), 昭文社, ISBN 4-398-62331-0 
  • 昭文社 (2006a), スーパーマップル 北海道道路地図 (2006年2版14刷 ed.), 昭文社, ISBN 4-398-62861-4 
  • 昭文社 (2006b), ツーリングマップル 北海道 (2006年3版4刷 ed.), 昭文社, ISBN 4-398-65571-9 

関連項目[編集]