国道242号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道242号標識
国道242号
地図
総延長 283.5 km
実延長 184.6 km
現道 184.6 km
制定年 1963年昭和38年)指定
起点 北海道網走市北緯44度1分13.52秒 東経144度16分4.59秒 / 北緯44.0204222度 東経144.2679417度 / 44.0204222; 144.2679417
主な
経由都市
北海道紋別郡湧別町北見市
足寄郡足寄町
終点 北海道帯広市
大通北1交差点(北緯42度55分55.32秒 東経143度12分14.43秒 / 北緯42.9320333度 東経143.2040083度 / 42.9320333; 143.2040083 (大通北1交差点)
接続する
主な道路
(記法)
国道238号標識 国道238号
国道333号標識 国道333号
国道039号標識 国道39号
国道241号標識 国道241号
国道274号標識 国道274号
国道038号標識 国道38号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

国道242号(こくどう242ごう)は、北海道網走市から紋別郡湧別町中川郡幕別町を経て、帯広市に至る一般国道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

現行の道路法(昭和27年法律第180号)に基づく国道として初回指定された1953年昭和28年)では、釧路根室線として指定されていた[4]1963年(昭和38年)に一級国道44号への昇格に伴って欠番となり、同日新たに指定された網走帯広線に採番された[5][6]

年表[編集]

  • 1954年昭和29年)3月30日 - 北海道道30号留辺蘂西足寄線(常呂郡留辺蘂町 - 中川郡西足寄町)、北海道道34号幕別西足寄線(中川郡幕別町 - 中川郡西足寄町)として道道認定[要出典]
  • 1963年(昭和38年)4月1日 - 二級国道242号網走帯広線(網走市 - 帯広市)として指定施行[6]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道242号として指定施行[1]

路線状況[編集]

通称[編集]

重複区間[編集]

  • 国道39号国道240号国道243号(網走市(起点) - 網走市・大曲1交差点)
  • 国道238号国道239号(網走市・大曲1交差点 - 紋別郡湧別町北兵村三区)
  • 国道333号(紋別郡遠軽町豊里 - 遠軽町生田原水穂)
  • 国道39号(北見市留辺蘂町旭 - 北見市・旭中央町交差点)
  • 国道241号(足寄郡足寄町・足寄駅前交差点 - 足寄町・郊南1丁目交差点)
  • 国道274号(足寄郡足寄町・郊南1丁目交差点 - 中川郡本別町・南3丁目 / 南4丁目交差点)
  • 国道38号(幕別町・明野交差点 - 帯広市・大通北1 / 大通南1交差点終点)

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 置戸トンネル(置戸山、常呂郡置戸町)

主な橋梁[編集]

  • 開盛橋(湧別川、紋別郡湧別町)
  • 千代田大橋(十勝川、中川郡池田町 - 中川郡幕別町)

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

オホーツク総合振興局

紋別郡湧別町
(国道39号、国道238号との重複区間は省略)
紋別郡遠軽町
北見市
常呂郡置戸町

十勝総合振興局

足寄郡陸別町
足寄郡足寄町
中川郡本別町
中川郡池田町
中川郡幕別町
(国道38号との重複区間は省略)

主な峠[編集]

  • 金華峠(紋別郡遠軽町 - 北見市)
  • 池北峠(常呂郡置戸町 - 足寄郡陸別町)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2009年10月5日に2町が合併して紋別郡湧別町発足。
  3. ^ 2005年10月1日に紋別郡遠軽町ほか2町1村が合併して紋別郡遠軽町発足。
  4. ^ 2006年3月5日に北見市ほか3町が合併して北見市発足。
  5. ^ a b c d e f 2019年4月1日現在

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 昭文社 (2006), ツーリングマップル 北海道 (2006年3版4刷 ed.), 昭文社, ISBN 4-398-65571-9 

関連項目[編集]