国道243号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道243号標識
国道243号
地図
総延長 173.1 km
実延長 140.8 km
現道 140.8 km
制定年 1953年昭和28年)指定
起点 北海道網走市北緯44度1分13.52秒 東経144度16分4.59秒 / 北緯44.0204222度 東経144.2679417度 / 44.0204222; 144.2679417
主な
経由都市
北海道網走郡美幌町川上郡弟子屈町
終点 北海道根室市
厚床2丁目交差点(北緯43度13分46.73秒 東経145度15分6.17秒 / 北緯43.2296472度 東経145.2517139度 / 43.2296472; 145.2517139 (厚床2丁目交差点)
接続する
主な道路
(記法)
国道240号標識 国道240号
国道391号標識 国道391号
国道241号標識 国道241号
国道272号標識 国道272号
国道244号標識 国道244号
国道44号標識 国道44号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
美幌町郊外
美幌峠

国道243号(こくどう243ごう)は、北海道網走市から網走郡美幌町を経由して、根室市に至る一般国道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

所管[編集]

  • 北海道開発局網走開発建設部
    • 北見道路事務所
  • 北海道開発局釧路開発建設部
    • 弟子屈道路事務所
    • 中標津道路事務所
    • 根室道路事務所

歴史[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日 - 二級国道243号網走根室線(網走市 - 北海道根室郡根室町)として指定施行[4]
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道243号(網走市 - 根室市)として指定施行[1]

路線状況[編集]

通称[編集]

重複区間[編集]

  • 国道242号(網走市(起点) - 網走市・大曲1交差点)
  • 国道39号(網走市(起点) - 網走郡美幌町・仲町2 / 新町1交差点)
  • 国道240号(網走市(起点) - 網走郡美幌町・大通南1 / 大通北1交差点)
  • 国道391号(川上郡弟子屈町美留和 - 川上郡弟子屈町仁多)
  • 国道244号(野付郡別海町奥行 - 根室市(終点))

道路施設[編集]

道の駅[編集]

他国道との重複区間は除く。

地理[編集]

この道路の美幌摩周の中間に位置する美幌峠(標高525 m)は、道の駅もある北海道有数の展望地で、眼下には中島が浮かぶ屈斜路湖と、その遠方には摩周岳から斜里岳などの知床連山が見え、南西方向は大雪山系のパノラマ風景を望むことができる[8]。この周辺はクマザサが生い茂り、原生林の森の中を道路が走る[8]

美幌峠から見た屈斜路湖(2008年6月)

摩周以南は、比較的平坦な直線道路が続き、根釧台地に広がる牧場や牧草地の中をひたすら走り抜ける。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

オホーツク総合振興局

他国道との重複区間は省略

網走郡美幌町
国道240号北海道道217号北見美幌線
大通(大通北1交点)

釧路総合振興局

川上郡弟子屈町
川上郡標茶町

根室振興局

野付郡別海町
根室市

主な峠[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年8月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021年6月4日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2013年8月10日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ 昭文社 2006, pp. 42 - 43.
  6. ^ 昭文社 2006, pp. 36, 43.
  7. ^ eco旅ナビ 槍昔”. eco旅ナビ. 北海道環境生活部環境局生物多様性保全課. 2015年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月3日閲覧。
  8. ^ a b 須藤英一 2013, pp. 22-23.

参考文献[編集]

  • 昭文社 (2006), ツーリングマップル 北海道 (2006年3版4刷 ed.), 昭文社, ISBN 4-398-65571-9 
  • 須藤英一『新・日本百名道』大泉書店、2013年。ISBN 978-4-278-04113-2。

関連項目[編集]