国道258号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道258号標識
国道258号
総延長 41.7 km
実延長 41.7 km
現道 41.7 km
制定年 1963年指定
起点 岐阜県大垣市
楽田町交差点(地図
終点 三重県桑名市地図
接続する
主な道路
(記法)
国道21号標識 国道21号
国道421号標識 国道421号
国道1号標識 国道1号
国道23号標識 国道23号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

国道258号(こくどう258ごう)は、岐阜県大垣市から三重県桑名市へ至る一般国道である。

概要[編集]

地域ごとに愛称が異なっており、大垣市民をはじめ岐阜県側の住民からは「ニーゴッパー」「ニーゴーパー」、桑名市民からは「大桑国道(だいそうこくどう)」または単純に「大桑(だいそう)」、一部トラック運転手からは「リャンウーパー(麻雀で2、5、8のからと思われる)」と呼ばれる[要出典]名神高速道路東名阪自動車道を連絡する重要な路線で、全線が指定区間となっている。大垣市から養老町、海津市内の一部、桑名市内は4車線、養老町から海津市にかけてはほぼ暫定2車線で整備されている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

歴史[編集]

  • 1963年昭和28年)4月1日
    • 二級国道258号大垣桑名線(大垣市 - 桑名市)として指定。
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道258号となる。

路線状況[編集]

国道21号岐大バイパス開通に伴って起点側が延伸し、東海道本線跨線橋1980年代に供用を開始した。

通称[編集]

  • 大桑道路(大垣市、輪之内町、養老町、海津市、桑名市)
  • 美濃街道(大垣市、輪之内町、養老町、海津市、桑名市)
  • 水郷街道258(大垣市)

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

桑名市を南北に縦断する国道258号(画像の中央部)

交差する道路[編集]

岐阜県大垣市

三重県桑名市

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]