国道277号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道277号標識
国道277号
地図
総延長 60.9 km
実延長 32.5 km
現道 32.5 km
制定年 1982年昭和57年)
起点 北海道檜山郡江差町地図
終点 北海道二海郡八雲町地図
接続する
主な道路
(記法)
国道5号標識国道5号
国道227号標識国道227号
国道229号標識国道229号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
国道277号・国道229号交差点、八雲町熊石鮎川町(2019年5月撮影)
奥側が終点方向、ここから右側が起点方向(229号重複)となる。

国道277号(こくどう277ごう)は、北海道檜山郡江差町から北海道二海郡八雲町に至る一般国道である。

概要[編集]

八雲町熊石大谷(見市温泉付近) - 同町鉛川(北海道道42号八雲北檜山線交点)の間は、雲石峠を越える難所である。

路線データ[編集]

国道277号・起点(国道229号・終点と同一、国道227号側から、2018年9月撮影)

歴史[編集]

線形改良前の国道277号・国道229号交差点、八雲町熊石鮎川町(2011年8月撮影)
  • 1911年明治44年):北海道会議員荒井幸作などの尽力により、日本海太平洋の両岸を最短経路で結ぶ雲石街道の開削が始まる[2]
  • 1920年大正9年):旧・道路法の施行と共に、熊石八雲停車場線となったが郡境付近は険難で、馬車の通行も困難をきわめた[2]
  • 1930年昭和5年):改良工事に着手[2]
  • 1933年(昭和8年):自動車運行が可能な道路となる[2]
  • 1954年(昭和29年):正式に八雲熊石線と名付けられ主要道道の認定をうける。以降、函館土木現業所により逐次改良工事が進められる[2]
  • 1963年(昭和38年):雲石橋より清流橋までの区間について、産業開発道路の指定を受け全面改良に着手[2]
  • 1979年(昭和54年):全面改良工事完了[2]
  • 1982年(昭和57年)4月1日:一般国道277号(北海道檜山郡江差町 - 北海道山越郡八雲町)
    1970年指定当初は、江差町から北檜山町(現・せたな町)まで重複し、今金町を経て長万部町国縫へ抜ける路線であった。1982年に北檜山 - 国縫間は国道230号の一部となり、主要道道八雲熊石線(道道17号/当時)から昇格したルートに変わっている。
  • 1991年平成3年)12月10日、北海道道42号八雲北檜山線八雲町鉛川交点から国道5号立岩交点までが、遊楽部川北岸にバイパスとして開通となり、現国道ルートになったことから、鉛川から八雲町市街地までの旧国道277号は認定が解除され、道道42号となった。
国道229号と国道277号の重複を示す標識江差町柳崎町(2019年3月撮影)
  • 2008年(平成20年)1月:国道229号に重複区間の表示が施された。
  • 2014年(平成26年)3月16日:1990年より雲石峠熊石側での線形改良を目指して工事が進められていた雲石道路が全線開通[3][4]。高滝ノ沢橋ではアーチ橋の架橋にロアリング工法が用いられた。

路線状況[編集]

別名[編集]

  • 雲石国道
  • 八熊線(はちくません)または八熊

重複区間[編集]

主な峠[編集]

  • 雲石峠(標高427 m)

トンネル[編集]

  • 見市トンネル (785 m)
  • 雲石トンネル (390 m)
  • ピリカベツトンネル (578 m)

所管[編集]

  • 国道229号との重複区間は省略
  • 函館開発建設部
    • 江差道路事務所:八雲町熊石鮎川町 - 八雲町熊石大谷町・八雲町鉛川界
    • 八雲道路事務所:八雲町熊石大谷町・八雲町鉛川界 - 八雲町立岩(終点)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

檜山振興局

檜山郡江差町
(国道229号との重複区間は省略)

渡島総合振興局

二海郡八雲町
国道277号・道央自動車道八雲IC交点(2019年3月撮影)

主な温泉[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f 2015年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 15. 2017年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 八雲町郷土資料館 (2016年3月16日). “雲石峠碑”. 南北海道の文化財 Cultural Properties of Southern Hokkaido. 道南ブロック博物館施設等連絡協議会. 2018年8月19日閲覧。
  3. ^ 道路事業について 道路改良事業 一般国道277号 雲石道路 - 函館開発建設部
  4. ^ “国道277号 雲石道路3.1kmが 平成26年3月16日(日)午後3時に開通します” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省函館開発建設部, (2014年2月7日), http://www.hk.hkd.mlit.go.jp/press/H25/140207_2.pdf 2014年6月29日閲覧。 

関連項目[編集]