国道324号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道324号標識
国道324号
地図
経路図 海上区間を含む
総延長 137.6 km
実延長 86.3 km
現道 72.9 km
海上区間 33.7 km
制定年 1970年
起点 長崎県長崎市
江戸町交差点(地図
主な
経由都市
熊本県天草郡苓北町
天草市
終点 熊本県宇城市
五橋入口交差点(地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0034.svg 国道34号
Japanese National Route Sign 0057.svg 国道57号
Japanese National Route Sign 0202.svg 国道202号
Japanese National Route Sign 0206.svg 国道206号
Japanese National Route Sign 0251.svg 国道251号
E34 長崎自動車道
E34 ながさき出島道路
Japanese National Route Sign 0389.svg国道389号
Japanese National Route Sign 0266.svg 国道266号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

国道324号(こくどう324ごう)は、長崎県長崎市から熊本県宇城市に至る一般国道である。

概要[編集]

長崎県長崎市の旧長崎県庁があった長崎市江戸町交差点が起点である。

県庁坂を下り、中央橋・浜町地区に差し掛かったところで、長崎随一の繁華街である浜町アーケード商店街を通過する[1][2]。長崎市の茂木港から天草灘の海を高速船で渡る海上国道区間を経て、熊本県天草下島苓北町にある富岡港から再び陸上区間となり、天草下島と天草上島の天草灘・島原湾沿いを通る海岸道路として宇城市へ向かい、同市内の国道57号交点で終わる。

路線データ[編集]

浜町アーケードは国道324号の一部でもある

歴史[編集]

路線状況[編集]

長崎市の浜町アーケードは、商店街のアーケードでありながら国道324号として指定されており、日本国内で2例しかない珍しいアーケードの国道に指定されている[2]。浜町アーケード内及びその手前に掛かる銕橋は、日中の午前10時から翌朝5時まで歩行者専用の通行規制となることから、自動車原動機付自転車では午前5時から午前10時までの1日5時間だけ通行できる[1]。同じくアーケード国道がある東大阪市国道170号と異なる点は、浜町アーケードの東西入口には、国道324号の国道標識も設置されているところである[1]。該当区間の西に、中央橋を起点とし、長崎電気軌道を挟む片側2車線の市道浜町油屋町1号線が並走しており、終日通行ができない国道に代わり「本通り」として機能している。従って規制時間帯の迂回は容易である。

長崎県長崎市の茂木港から熊本県天草郡苓北町の富岡港までの有明海は海上区間である[4]。茂木港 - 富岡港間には、かつて安田産業汽船が1日4便のフェリー[4]2013年10月まで就航していたが、現在この航路のフェリーは就航していない。安田産業汽船に代わり、苓北観光汽船が1日4便の高速船でこの航路を就航する。

苓北町から天草市鬼池港までは国道389号と重複。天草下島と天草上島に挟まれた海峡に架かる天草瀬戸大橋は国道266号との重複区間で、天草上島上陸後は国道266号と分かれて北岸を周回し、島の北端にある天草松島に到達する。上島の天草市から上天草市にかけて、有料バイパスで熊本天草幹線道路の一部路線である松島有明道路が並行する。上天草市松島町合津からは国道266号と再び合流して天草五橋の起点である天門橋付近に到達する。

別名[編集]

  • ロザリオライン[5]:天草下島を周回する道路の愛称名。

バイパス道路[編集]

重複区間[編集]

海上区間[編集]

  • 長崎市茂木港 - 苓北町富岡港(苓北観光汽船)

有料道路[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

長崎市の浜町アーケードを過ぎると傾斜の厳しい坂道になりヘアピンカーブにも住宅が立ち並ぶ[5]。峠を越えると一転して住宅街が皆無となり、長崎自動車道との分岐点である連絡路と合流する。さらに峠を下ると長崎半島の付け根に位置する茂木港に到達する。

天草下島から天草上島にかけて、天草灘島原湾を臨む眺望の良い道路が続く。国道266号重複区間であり、天草松島から九州本土に架かる天草五橋および天草パールラインは、九州屈指の観光道路で知られる[5]。天草下島から天草上島、前島池島、大池島、永浦島大矢野島を経て九州本土の宇城市に至るルートは、離島を渡る国道として国道317号に次いで国道中2番目に多くの離島を渡る[6]

通過する自治体[編集]

  • 長崎県
    • 長崎市
  • 熊本県
    • 天草郡苓北町 - 天草市 - 上天草市 - 宇城市

交差する道路[編集]

交差する道路 都道府県名 市町村名 交差する場所
国道34号
国道57号
国道202号
国道206号
国道251号
長崎県 長崎市 江戸町 江戸町交差点 / 起点
長崎県道237号小ヶ倉田上線 田上1丁目 田上交差点
E34 長崎自動車道[注釈 2]
E34 ながさき出島道路[注釈 2]
長崎県道51号長崎南環状線
田上1丁目 転石交差点
長崎県道34号野母崎宿線 茂木町 茂木交差点
海上区間
国道389号 重複区間起点 熊本県 天草郡 苓北町 富岡
熊本県道296号円通寺志岐線 志岐 志岐交番前交差点
熊本県道44号本渡苓北線 志岐
熊本県道281号坂瀬川御領線 坂瀬川
熊本県道47号本渡五和線 天草市 五和町二江
熊本県道284号坂瀬川鬼池港線 五和町鬼池
国道389号 重複区間終点 五和町鬼池 鬼池港
熊本県道281号坂瀬川御領線 五和町御領
熊本県道44号本渡苓北線
熊本県道308号本渡港線
栄町 港町交差点
熊本県道26号本渡牛深線 亀場町亀川 天草工高前交差点
国道266号 重複区間起点 亀場町亀川
国道266号 重複区間終点 志柿町
熊本県道282号河内上津浦港線 有明町上津浦
松島有料道路 有明町上津浦 上津浦IC
熊本県道109号大浦港線 有明町大浦
熊本県道59号有明倉岳線 有明町大浦
松島有料道路 上天草市 松島町今泉 米の山IC
熊本県道290号教良木知十港線 松島町今泉 知十橋交差点
松島有料道路 松島町今泉 知十IC
熊本県道34号松島馬場線 松島町今泉
国道266号 重複区間起点 松島町合津 合津交差点
松島有料道路 松島町合津 合津IC
熊本県道107号満越城本線 大矢野町中
熊本県道107号満越城本線 大矢野町中
三角大矢野道路 大矢野町登立 登立IC
国道57号 重複区間起点
国道266号 重複区間終点
宇城市 三角町三角浦 五橋入口交差点 / 終点

沿線[編集]

長崎県
熊本県

道路施設[編集]

橋梁[編集]

トンネル[編集]

起点から

  • 熊本県
    • 知十トンネル:延長447 m、1997年(平成9年)竣工、上天草市
    • 西目トンネル:延長335 m、1996年(平成8年)竣工、上天草市
    • 西浦トンネル:延長274 m、1999年(平成11年)竣工、上天草市

脚注[編集]

[脚注の使い方]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 2015年4月1日現在
  2. ^ a b 転石交差点から長崎IC前交差点まで介して利用できる

出典[編集]

  1. ^ a b c 松波成行 2008, p. 67.
  2. ^ a b 佐藤健太郎 2014, pp. 30-32.
  3. ^ a b c d e f g h 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 18. 2017年5月1日閲覧。
  4. ^ a b 松波成行 2008, p. 88.
  5. ^ a b c 佐藤健太郎 2014, pp. 128-130.
  6. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 156、「離島を行く国道」より。重複する国道266号も同じく2番目に多い。

参考文献[編集]

  • 佐藤健太郎『ふしぎな国道』講談社〈講談社現代新書〉、2014年10月20日。ISBN 978-4-06-288282-8。
  • 松波成行「国道324号」『酷道をゆく』、イカロス出版、2008年3月20日、 ISBN 978-4-86320-025-8。

関連項目[編集]