国道327号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道327号標識
国道327号
地図
総延長 95.2 km
実延長 67.4 km
現道 65.8 km
制定年 1970年昭和45年)
起点 宮崎県日向市
新生町交差点(北緯32度25分9.74秒 東経131度37分50.78秒 / 北緯32.4193722度 東経131.6307722度 / 32.4193722; 131.6307722 (新生町交差点)
主な
経由都市
宮崎県東臼杵郡美郷町
諸塚村椎葉村
終点 熊本県山都町
馬見原交差点(北緯32度40分57.55秒 東経131度9分19.25秒 / 北緯32.6826528度 東経131.1553472度 / 32.6826528; 131.1553472 (山都町馬見原交差点)
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0010.svg 国道10号
E10 東九州自動車道
Japanese National Route Sign 0446.svg 国道446号
Japanese National Route Sign 0388.svg 国道388号
Japanese National Route Sign 0503.svg 国道503号
Japanese National Route Sign 0265.svg 国道265号
Japanese National Route Sign 0218.svg 国道218号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
起点
諸塚村内(かさ上げ工事前、2008年撮影)
椎葉村松尾字ロクロ(諸塚方面、2008年撮影)
当該区間はバイパス道路開通により旧道化している
平家本陣(椎葉村、諸塚方面)

国道327号(こくどう327ごう)は、宮崎県日向市から美郷町諸塚村椎葉村を経由して、熊本県上益城郡山都町に至る一般国道である。椎葉村の音ヶ瀬大橋からは国道265号と重複するため、実質的には日向市と椎葉村を結ぶ路線となる。開通時の経緯(後述)から美郷町西郷田代 - 椎葉村間には百万円道路の通称がある。

概要[編集]

単独区間のほとんどは耳川と並走する。支線として東九州自動車道日向インターチェンジと国道10号、宮崎県道226号土々呂日向線を結ぶ路線が存在する。

2009年(平成21年)4月15日、椎葉村松尾で高さ約100 m以上の斜面が崩落した。このため、現場付近が全面通行止めとなり、迂回路は耳川を挟んだ対岸の村道を利用できるが、2 t車以上の大型車の通行は出来ないため、2 t以上の該当車は国道265号などを利用することとなる[1]

路線データ[編集]

歴史[編集]

住友財閥が電力開発(発電用ダムの建設)の代替条件として1928年昭和3年)から整備を開始。一部区間を整備した後、残りの部分を宮崎県が建設を進め1933年(昭和8年)に富高(現在の日向市中心部)と椎葉を結ぶ県道として完成した。このときに住友財閥が建設費として100万円[3]を寄付したことから「百万円道路」という通称がついた。

開通と同時にバスも開通し、椎葉・諸塚両村の物流などに多大な変革をもたらした。この影響で富高方面との交流が深くなったため、1949年(昭和24年)には椎葉村と諸塚村の所属郡が西臼杵郡から東臼杵郡に変更されている。

開通当時こそ2(約3.6 m)ほどの幅でも十分であったものの、自動車が普及するにつれ交通に支障をきたすようになった。この対策として道路拡張工事が順次実施されており、現在単独区間内では諸塚村 - 椎葉村間を除いておおむね2車線道路に整備されている。

年表[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 橘バイパス
  • 恵後の崎バイパス
  • 古園バイパス
  • 岩屋戸バイパス
  • 山陰バイパス
  • 松尾拡幅
  • 日向バイパス

重複区間[編集]

  • 国道446号(宮崎県日向市新生町1丁目・新生町交差点(起点) - 日向市東郷町山陰辛・鶴野内交差点)
  • 国道503号(宮崎県日向市新生町1丁目・新生町交差点(起点) - 諸塚村・家代交差点)
  • 国道388号(宮崎県東臼杵郡美郷町西郷区田代)
  • 国道265号(宮崎県西臼杵郡椎葉村下椎葉 - 熊本県上益城郡山都町馬見原・馬見原交差点(終点))

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

交差する道路 市町村名 市町村名 交差する場所
国道10号
国道446号 重複区間起点
国道503号 重複区間起点
宮崎県道23号細島港線
宮崎県 日向市 新生町1丁目 新生町交差点 / 起点
国道10号
宮崎県道15号日知屋財光寺線
財光寺 お倉ヶ浜交差点 / バイパス起点
宮崎県道226号土々呂日向線 財光寺往還町 五十猛神社前交差点
財光寺 [注釈 2]
E10 東九州自動車道 平岩 25 日向IC[注釈 2]
国道446号 重複区間終点 東郷町山陰辛 鶴野内交差点
宮崎県道225号八重原延岡線 東郷町山陰辛
国道388号 重複区間起点 東臼杵郡 美郷町 西郷田代
国道388号 重複区間終点 西郷田代
宮崎県道50号諸塚高千穂線 諸塚村 家代
国道503号 重複区間終点 家代
国道265号 重複区間起点 椎葉村 大字下福良
宮崎県道202号鞍岡赤谷線 西臼杵郡 五ヶ瀬町 鞍岡 五ヶ瀬町祇園町交差点
国道218号
国道265号 重複区間終点
熊本県 上益城郡 山都町 馬見原 山都町馬見原交差点 / 終点

交差する鉄道[編集]

道路施設[編集]

トンネル[編集]

起点から

  • 宮崎県
    • 小八重トンネル:延長260 m、1991年(平成3年)竣工、東臼杵郡美郷町
    • 諸塚トンネル、東臼杵郡椎葉村
    • 恵後の崎トンネル、1925年竣工、東臼杵郡椎葉村
    • 古園一号トンネル、2002年竣工、東臼杵郡椎葉村
    • 古園二号トンネル:延長972 m、東臼杵郡椎葉村
    • 音ヶ瀬トンネル:延長159 m、2006年(平成18年)竣工、東臼杵郡椎葉村(国道265号重複区間)
    • 鹿野遊(かなすび)トンネル:延長374 m、2003年(平成15年)竣工、東臼杵郡椎葉村(国道265号重複区間)
    • 国見トンネル:延長2,777 m、1996年(平成8年)竣工、東臼杵郡椎葉村 - 西臼杵郡五ヶ瀬町(国道265号重複区間)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在
  2. ^ a b バイパス側

出典[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 椎葉村・編 『椎葉村史』 椎葉村、1994年。
  • 松波成行など 『酷道をゆく2』 イカロス出版、2008年、38頁。ISBN 978-4-86320-072-2