国道346号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道346号標識
国道346号
地図
総延長 128.8 km
実延長 79.9 km
現道 75.3 km
海上区間 指定なし
制定年 1975年
起点 宮城県仙台市青葉区
勾当台公園前(地図
主な
経由都市
宮城県多賀城市塩竈市
宮城郡松島町大崎市登米市
岩手県一関市
終点 宮城県気仙沼市地図
接続する
主な道路
(記法)
国道4号標識国道4号
国道48号標識国道48号
国道6号標識国道6号
国道47号標識国道47号
国道45号標識国道45号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
宮城県美里町大柳付近

国道346号(こくどう346ごう)は、宮城県仙台市から宮城県気仙沼市に至る一般国道

概要[編集]

仙台から気仙沼まで国道45号を通るよりも距離的には(数kmだけではあるが)近道である。

少しだけ岩手県を通るため宮城県内完結ではない。

路線データ[編集]

歴史[編集]

国道指定以前[編集]

国道346号のうち、松島町 - 登米市迫町佐沼の区間は「佐沼街道」と呼ばれ、登米・栗原地域への連絡路であった[2]

  • 1954年昭和29年)
    • 1月20日 - 県道仙台湧谷線の一部、県道広淵鹿島台停車場線の一部、県道湧谷佐沼線の一部、県道狼河原佐沼線の一部、県道米谷津谷線の一部及び県道千厩志津川線の一部が、仙台気仙沼線(宮城県仙台市 - 宮城県気仙沼市)として主要地方道の指定を受ける[3]
    • 8月16日 - 岩手県より仙台気仙沼線として県道に認定される[4]
    • 12月27日 - 宮城県より仙台気仙沼線として県道に認定される[5]

国道指定後[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

  • 国道45号(仙台市起点 - 松島町・根廻交差点、気仙沼市本吉町津谷長根 - 気仙沼市終点)
  • 国道108号(涌谷町下道 - 涌谷町砂田前)
  • 国道398号(登米市・桑原スタンド前交差点 - 登米市・黒沼十文字交差点)
  • 国道456号(登米市・米川字町交差点 - 気仙沼市本吉町津谷長根)

バイパス[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

宮城県道58号塩釜七ヶ浜多賀城線(塩竈市・海岸通り交差点)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f 2015年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 19. 2017年5月1日閲覧。
  2. ^ 旧佐沼街道”. 旅ぐるたび. ぐるなび. 2020年5月9日閲覧。
  3. ^ 昭和29年建設省告示第16号
  4. ^ 県道路線の認定(昭和29年岩手県告示第649号)
  5. ^ 県道の路線認定(昭和29年宮城県告示第934号)
  6. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和49年政令第364号)
  7. ^ 吉田川二線堤及び国道346号鹿島台バイパスの供用を開始”. 宮城県 (2013年4月16日). 2020年5月9日閲覧。
  8. ^ 国道346号「本吉バイパス」が供用開始しました”. 宮城県 (2016年4月25日). 2020年5月9日閲覧。

関連項目[編集]