国道366号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道366号標識
国道366号
地図
総延長 23.8 km
実延長 22.7 km
現道 14.0 km
制定年 1975年昭和50年)
1993年平成5年)延伸)
起点 愛知県半田市
祢宜町交差点(北緯34度54分24.95秒 東経136度57分12.54秒 / 北緯34.9069306度 東経136.9534833度 / 34.9069306; 136.9534833 (祢宜町交差点)
主な
経由都市
愛知県大府市
終点 愛知県名古屋市緑区
有松インター交差点(北緯35度2分37.29秒 東経136度57分53.84秒 / 北緯35.0436917度 東経136.9649556度 / 35.0436917; 136.9649556 (有松インター交差点)
接続する
主な道路
(記法)
国道247号標識 国道247号
国道155号標識 国道155号
国道23号標識 国道23号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
国道366号 起点
愛知県半田市 祢宜町交差点

国道366号(こくどう366ごう)は、愛知県半田市から名古屋市緑区に至る一般国道である。

概要[編集]

起点の半田市から、衣浦湾境川)と並走し、知多半島の北側に当たる、知多郡東浦町大府市を経て、終点の名古屋市緑区に至る路線で、ほぼ全線でJR東海武豊線と並走している。概ね、片側1車線の道路が整備されているが、半田市亀崎に、南向き一方通行の区間を持つ。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

  • 1975年昭和50年)4月1日 - 一般国道366号(愛知県半田市 - 愛知県知立市)として指定。
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 終点を名古屋市とし、愛知県半田市 - 愛知県名古屋市となる。

路線状況[編集]

国道155号との重複
愛知県大府市横根町

終点では、国道23号(有松IC)と愛知県道243号東海緑線が交差し、終点の手前およそ100 m地点で愛知県道243号東海緑線と分岐する交差点(梶田町一丁目交差点)がある。当国道は刈谷市や半田市へ抜けることができるので下りの流入量が多い。そのため交通量が多く、渋滞が頻発する[4]

バイパス[編集]

通称[編集]

  • 師崎街道(半田市、大府市、東浦町)

重複区間[編集]

  • 国道155号(大府市・惣作交差点 - 大府市・折戸交差点)

地理[編集]

半田市知多郡東浦町との境界付近
2012年7月

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

関連項目[編集]