国道380号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道380号標識
国道380号
地図
総延長 65.3 km
実延長 21.0 km
現道 21.0 km
制定年 1975年昭和50年)指定
起点 愛媛県八幡浜市
江戸岡交差点(北緯33度27分27.97秒 東経132度25分52.44秒 / 北緯33.4577694度 東経132.4312333度 / 33.4577694; 132.4312333 (江戸岡交差点)
主な
経由都市
愛媛県大洲市
終点 愛媛県上浮穴郡久万高原町
落合交差点(北緯33度37分7.96秒 東経132度55分13.39秒 / 北緯33.6188778度 東経132.9203861度 / 33.6188778; 132.9203861 (落合交差点)
接続する
主な道路
(記法)
国道197号標識 国道197号
国道378号標識 国道378号
国道56号標識 国道56号
国道379号標識 国道379号
国道33号標識 国道33号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
国道380号の標識
撮影場所・愛媛県喜多郡内子町寺村

国道380号(こくどう380ごう)は、愛媛県八幡浜市から上浮穴郡久万高原町に至る一般国道である。

概要[編集]

愛媛県内で完結する国道で、県西部の佐田岬の付け根に位置し、宇和海に面する八幡浜市の中心市街の国道197号国道378号交点である江戸岡交差点を起点に、県域の中央部を東西に横断して、四国山地の山間部にある上浮穴郡久万高原町で国道33号(落合交差点)と結ばれる延長約65 kmの一般国道の路線で、主な通過地は、大洲市喜多郡内子町内子、同町大瀬東である。路線の約3分の2に相当する起点・八幡浜市 - 喜多郡内子町大瀬東間は、他路線である国道197号・国道56号国道379号と重用しており、内子町大瀬東 - 終点・久万高原町の真弓峠を越える実延長約21 km区間が単独区間である。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

内子町と久万高原町の境の真弓峠の小田側がつづら折りの難所で、幅員も狭いが、順次改良が進められている。久万高原町側はほとんど改良され、急カーブも少ない。[要出典]

バイパス[編集]

  • 内子東バイパス
  • 小田バイパス
  • 寺村バイパス - 内子町吉野川 - 日野川間4.9 km
    • 2013年平成25年)3月24日バイパス起点から水元橋までの喜多郡内子町吉野川 - 寺村間約0.5 kmが供用し、全通した[4]

重複区間[編集]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

[編集]

  • 夜昼峠
  • 真弓峠

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2004年8月1日から上浮穴郡久万高原町の一部。
  3. ^ 2005年1月1日に喜多郡内子町ほか2町が合併して喜多郡内子町発足。
  4. ^ a b c d e f g 2019年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2014年8月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)”. 道路統計年報2020. 国土交通省道路局. 2021-07-006閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2014年8月12日閲覧。
  4. ^ 一般国道380号寺村バイパスの開通について”. 愛媛県南予地方局大洲土木事務所 道路課 (2013年3月29日). 2014年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月12日閲覧。

関連項目[編集]