国道412号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道412号標識
国道412号
総延長 46.5 km
実延長 30.3 km
現道 30.3 km
制定年 1982年
起点 神奈川県平塚市
榎木町交差点(地図
主な
経由都市
神奈川県厚木市愛甲郡愛川町
終点 神奈川県相模原市緑区
相模湖インター入口交差点(地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Japanese National Route Sign 0129.svg国道129号
Japanese National Route Sign 0271.svg国道271号小田原厚木道路
Japanese National Route Sign 0246.svg国道246号
Japanese National Route Sign 0413.svg国道413号
Japanese National Route Sign 0020.svg国道20号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
国道20号(重複区間)からの分岐
神奈川県相模原市緑区
相模湖駅前交差点

国道412号(こくどう412ごう)は、神奈川県平塚市から相模原市緑区に至る一般国道である。

概要[編集]

神奈川県愛甲郡愛川町半原
(2017年6月撮影)

起点の平塚市から、しばらく国道129号と重複となり、その後厚木市から、宮ヶ瀬湖の東側を通り、相模湖付近を終点とする路線で、実質的には厚木市より相模原市への道路である。

制定施行年月日は1982年4月1日

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および重要な経過地は次のとおり。

なお、政令上の終点は神奈川県津久井郡藤野町となっているが、合併、政令指定都市移行に伴って、現在は相模原市緑区となっている。

路線状況[編集]

厚木市のバイパス区間
神奈川県厚木市下荻野

バイパス[編集]

  • 新道(厚木市内)
  • 半原バイパス(愛甲郡愛川町内)

重複区間[編集]

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 半原隧道(愛甲郡愛川町)

地理[編集]

国道413号との分岐
神奈川県相模原市緑区青山

周辺には、仏果山石老山相模川中津川相模湖などがある。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

旧道[編集]

厚木市立病院前交差点から別経路

※2012年4月1日付で厚木市道に移管

周辺[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2007年3月11日、相模原市に編入。2010年4月からは相模原市緑区の一部
  3. ^ a b 2006年3月20日、津久井郡津久井町、相模湖町の2町が、相模原市に編入。2010年4月からは相模原市緑区の一部
  4. ^ a b c d e f g 2018年4月1日現在
  5. ^ a b 新道は厚木市立病院前交差点で分離

出典[編集]

関連項目[編集]