国道437号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一般国道
国道437号標識
国道437号
地図
総延長 87.5 km
実延長 62.0 km
現道 62.0 km
陸上区間 62.0 km
海上区間 25.5 km
制定年 1982年昭和57年)指定
起点 愛媛県松山市
中央2丁目交差点(北緯33度51分18.01秒 東経132度44分52.77秒 / 北緯33.8550028度 東経132.7479917度 / 33.8550028; 132.7479917 (中央2丁目交差点)
主な
経由都市
山口県大島郡周防大島町柳井市
終点 山口県岩国市
八幡下交差点(北緯34度5分56.89秒 東経132度5分13.77秒 / 北緯34.0991361度 東経132.0871583度 / 34.0991361; 132.0871583 (八幡下交差点)
接続する
主な道路
(記法)
国道196号標識 国道196号
国道188号標識 国道188号
国道2号標識 国道2号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

国道437号(こくどう437ごう)は、愛媛県松山市から屋代島(周防大島)を経由して、山口県岩国市に至る一般国道である。

概要[編集]

松山港付近
愛媛県松山市三津ふ頭で撮影

四国松山港(松山市三津1丁目)から屋代島(周防大島)の伊保田港(山口県大島郡周防大島町伊保田)にかけては、防予フェリーのフェリー航路の一部が国道に相当する。また、同島から本州柳井市にかけては、大島大橋が架橋されている。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1]に基づく起終点および経過地は次のとおり

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

  • 祖生バイパス(岩国市周東町祖生 - 同市玖珂町)

海上区間[編集]

愛媛県の松山港(三津浜港)と山口県の周防大島の伊保田港との間にある瀬戸内海に25.5 kmの海上区間があり、総延長の約3割を占める。この区間は、防予汽船[5]周防大島松山フェリーによるフェリー航路が就航する[6]

道路施設[編集]

橋梁[編集]

  • 大島大橋(大鼻瀬戸、山口県大島郡周防大島町 - 柳井市)
    周防大島と本州との間の海上に架かるライトグリーンの重厚なトラス橋。かつて有料道路であった[5]
  • 新落合橋(島田川、岩国市周東町祖生)※祖生バイパス

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線にある施設など[編集]

  • ふれあいどころ437(柳井市日積) : 都市農村交流施設「ふれあいどころ437」として2013年平成25年)4月12日10時に開業、柳井市立大里小学校跡地に柳井市が総工費約3億1千万円をかけ、木造平屋建ての本館(約1,044平方メートル)と体験交流施設(約434平方メートル)の他、トイレ棟や芝生広場を備えた中庭等を整備[7][8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2006年3月20日から岩国市の一部。
  2. ^ 2004年10月1日から大島郡周防大島町の一部。
  3. ^ 2005年2月21日から柳井市の一部。
  4. ^ a b c d e f g h 20198年4月1日現在

参考文献[編集]

  • 松波成行「国道437号」『酷道をゆく』、イカロス出版、2008年3月20日、 89頁、 ISBN 978-4-86320-025-8。

関連項目[編集]