国道481号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道481号標識
国道481号
総延長 10.4 km
実延長 10.4 km
現道 10.4 km
制定年 1993年
起点 大阪府泉佐野市泉州空港北
関西国際空港地図
終点 大阪府泉佐野市上之郷
上之郷インター前交差点(地図
接続する
主な道路
(記法)
大阪府道29号大阪臨海線
大阪府道63号泉佐野岩出線
E71関西空港自動車道
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
国道481号 終点
大阪府泉佐野市上之郷
上之郷インター前交差点

国道481号は、大阪府泉佐野市内を通る一般国道

概要[編集]

大阪府泉佐野市高松西一丁目付近。直上の高架道路は関西空港自動車道、左右に交差する高架は南海電気鉄道南海本線
りんくうタウン駅直下の
空連道臨海南交差点
これより起点側は、有料道路
関西国際空港連絡橋」となる。

関西国際空港阪和自動車道を結ぶ延長10.4 kmの一般国道の路線で、いわゆる港国道の一つ[1]。一般道路部は、ほぼ全線にわたって関西空港自動車道と並行しており、空連道(くうれんどう)と呼ばれる。

起点の関西国際空港からりんくうジャンクション間は、自動車専用の有料道路である関西国際空港連絡橋(スカイゲートブリッジR)として供用しており、高速自動車国道である関西空港自動車道と直結する。なお、2009年4月28日まで関西国際空港連絡橋は国道ではなく[1]、空港施設として関西国際空港株式会社が管理していた海上連絡橋であった[注釈 1]

一般道路部は空港島および海上には存在せず、りんくうタウン駅直下の大阪府道29号大阪臨海線交点(空連道臨海南交差点、空連道臨海北交差点)から終点までが実質的な道路である[1]

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 2]に基づく起終点および重要な経過地は次のとおり。

交通量[編集]

2005年度(大阪国道事務所 道の資料室より)
交通量 H17平日

  • 泉佐野市高松西 : 22207
  • 泉佐野市長滝 : 13663

地理[編集]

国道26号との交差
大阪府泉佐野市中町4丁目

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

交差する道路 交差する場所 起点から
(km)
関西国際空港連絡橋
府道29号大阪臨海線 空連道臨海南 空連道臨海北 6.9
府道63号泉佐野岩出線 空連道松原 7.6
国道26号第二阪和国道 関西空港口 8.5
関西空港自動車道 2泉佐野 - -
府道64号和歌山貝塚線 空連道長滝北 葵町 -
府道30号大阪和泉泉南線 空連道長滝東2号 空連道長滝東1号 -
府道30号大阪和泉泉南線 空連道野口 -
府道248号日根野羽倉崎線 空連道机場 -
関西空港自動車道 1上之郷 上之郷インター前 -

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2009年3月26日付で関西国際空港株式会社の管理する「関西国際空港連絡橋」と同じ区間が一般国道481号の指定区間とされた(一般国道の指定区間を指定する政令の一部を改正する政令案について)。2009年4月29日付で国土交通省と西日本高速道路株式会社が購入し、一般有料道路「関西国際空港連絡橋」となり、国道481号に編入された。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典[編集]

  1. ^ a b c 松波成行 2008, p. 103.
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年11月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 27. 2017年4月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 松波成行「おもしろ国道ア・ラ・カルト」『酷道をゆく』、イカロス出版、2008年3月20日、 103頁、 ISBN 978-4-86320-025-8。

関連項目[編集]