国鉄タキ1900形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄タキ1900形貨車
タキ1900形、コタキ81906、 太平洋セメント(旧・小野田セメント) 所有車(2006年3月、四日市駅)
タキ1900形、タキ81906、
太平洋セメント(旧・小野田セメント)
所有車(2006年3月、四日市駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 住友セメント、大阪セメント、日立セメント三井鉱山三菱鉱業セメント、東北開発、明星セメント電気化学工業セメントターミナル
製造所 川崎車輛日立製作所日本車輌製造三菱重工業
製造年 1964年(昭和39年) - 1981年(昭和56年)
製造数 1,729両
常備駅 本巣駅東藤原駅
主要諸元
車体色 、淡緑3号
専用種別 セメント
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
全長 10,800 mm
全幅 2,618 mm、2,638 mm
全高 3,636 mm、3,726 mm
タンク材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 40 t
実容積 32.0 m3 - 36.4 m3
自重 13.7 t - 14.0 t
換算両数 積車 5.5
換算両数 空車 1.4
台車 TR41C、TR209B他
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 7,000 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ1900形貨車(こくてつタキ1900がたかしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)、現在は日本貨物鉄道(JR貨物)に車籍を有する、40t積みセメント専用の私有貨車タンク車)である。

概要[編集]

本形式は、1964年(昭和39年)から1981年(昭和56年)にかけて、川崎車輛日立製作所日本車輌製造三菱重工業で、78ロット1,729両が製造された。

記号番号表記は特殊標記符号「コ」(全長 12 m 以下)を前置し「タキ」と標記する。番号は、次のとおりである。装備する台車によって番台区分がなされており、それについても併記する。

  • タキ1900 - タキ1999
  • タキ11900 - タキ11999
  • タキ21900 - タキ21999
  • タキ31900 - タキ31999
  • タキ41900 - タキ41999
  • タキ51900 - タキ51999
  • タキ61900 - タキ61999
  • タキ71900 - タキ71999
  • タキ81900 - タキ81999
  • タキ91900 - タキ91999
  • タキ101900 - タキ101951(TR209系台車装備。タキ101952 - タキ101999は欠番)
  • タキ111900 - タキ111986(タキ111987 - タキ111999は欠番)
  • タキ112000 - タキ112079(TR41F台車装備。タキ112080 - タキ112099は欠番)
  • タキ112068(II), タキ112069(II)(事故廃車の補充)
  • タキ112100 - タキ112208(TR41G台車装備。タキ112070 - タキ112099は欠番)
  • タキ112300 - タキ112698(TR41E-13, TR225,TR213C台車装備)

構造[編集]

タキ112018。セメントターミナル所有車は薄緑色(2006年3月、四日市駅)

本形式は、日本初の40t積み粉体セメント専用車である。40tものセメントを積載するため、台枠中梁とタンク体をタンク受台を介して強度的に一体化して自重削減を図った。タンク体は普通鋼製のドームレス異径胴で、内側にはセメント付着を防ぐため、耐アルカリ塗料が塗布されている。タンクの容積は32.0 - 36.4m3で、台枠長は10,000mm、最大長は10,800mmである。

積み込み口は3箇所または4箇所あり、車体下部中央の両側に取り降ろし口を装備する。この形態は所有者により異なる。

荷役方式はエアスライド式。これはセメントを取り出す際に、タンク下部から空気を噴き出し、タンクとセメントの間に薄い空気の層をつくってセメントを流しだす方式である。

台車ベッテンドルフ式2軸ボギー台車で、初期の車両はTR41C・D・E・G、後期の車両はTR209B・C、TR213C、TR225などを装備する。塗装は基本的にだが、大量集約輸送用(セメントターミナル所有)は区別のため薄緑色(淡緑3号)に塗装された。

所有者[編集]

タキ1900形を所有していた企業は、セメントターミナル以外では住友大阪セメント(いずれも旧:住友セメント、大阪セメント)日立セメント三井鉱山三菱マテリアル(いずれも旧:三菱鉱業セメント、東北開発)明星セメント電気化学工業などが挙げられる。

後年は各地でセメント専用列車の廃止が進んで本形式の余剰車が発生したことや老朽化により廃車が進んだ。

2010年4月時点では222両在籍。[1]

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平「プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)」2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.840 増刊 鉄道車両年鑑 p.107

関連項目[編集]