国鉄タキ46000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄タキ46000形貨車
タキ46000形、コタキ460451995年5月4日、安治川口駅
タキ46000形、タキ46045
1995年5月4日、安治川口駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 日本陸運産業日本石油輸送同和鉱業秋田製錬
種車 タキ45000形
改造所 富士重工業日本車輌製造
改造年 1985年(昭和60年) - 1989年(平成元年)
改造数 71両
消滅 2009年(平成21年)
常備駅 神栖駅秋田北港駅
主要諸元
車体色
専用種別 濃硫酸
化成品分類番号 侵(禁水)84
軌間 1,067 mm
全長 11,300 mm
全幅 2,485 mm
全高 3,700 mm
タンク材質 耐候性高張力鋼
荷重 38 t
実容積 20.6 m3
自重 14.1 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 1.4
台車 TR41DS-13,TR41E-13
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 7,500 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ46000形貨車(こくてつタキ46000がたかしゃ)は、1985年(昭和60年)からタキ45000形の改造名義で製作された、濃硫酸専用の 38 t貨車タンク車)である。

私有貨車として製作され、日本国有鉄道(国鉄)に車籍編入された。1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は、日本貨物鉄道(JR貨物)に車籍が承継された。

概要[編集]

1985年、濃硫酸専用タンク車の増備が計画されたが、当時の国鉄は財政難の時期であり、それまで製作されたタキ29300形は完全新造車であり、製作コストがかかっていた。一方、当時は1979年(昭和54年)の第2次オイルショックによる原油高騰以降、重油の輸送需要減少で石油類(除ガソリン)専用車が余剰となっており、タキ1500形やタキ45000形から他用途向けに改造する動きがあった。そこで、余剰となった石油類(除ガソリン)専用車から濃硫酸専用車への改造が計画され、車長が短いタキ45000形の台枠以下を流用し、新製したタンク体を組み合わせて製作された。そのため、自重が増加し、荷重はタキ29300形と比べて1 t 減少している。

本形式は国鉄時代に54両(タキ46000 - タキ46053)が富士重工業および日本車輌製造にて改造製作され、1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化に際しては54両全車がJR貨物に継承された。1989年(平成元年)12月には17両(タキ46054 - タキ46070)が富士重工業にて改造製作された。その後の増備は完全新造車であるタキ29300形の製作が再開されたため、本形式の製作は中止となった。

記号番号表記は特殊標記符号「コ」(全長 12 m 以下)を前置し「タキ」と標記する。

化成品分類番号は「侵(禁水)84」(侵食性の物質、水と反応する物質、腐食性物質、禁水指定のもの)が標記された。

落成時の所有者は、日本陸運産業日本石油輸送同和鉱業の3社であった。1986年(昭和61年)1月11日に日本陸運産業所有車24両(タキ46020 - タキ46043)が秋田製錬に名義変更された。

タンク体は耐候性高張力鋼製で、荷役方式は上入れ・上出し式。マンホールから積み込み、液出し管と空気管を用いた空気加圧により、荷卸しを行う。

塗色は、寸法関係は全長は11,300mm、全幅は2,485mm、全高は3,700mm、台車中心間距離は7,500mm、実容積は20.6m3、自重は14.1t、換算両数は積車5.0、空車1.4であり、台車は重量増に対応するために改造しており、TR41DS-12を改造したTR41DS-13もしくはTR41E-12を改造したTR41E-13である。

ブレーキ装置は両側側ブレーキと積空ブレーキである。

廃車1997年(平成9年)から開始され、その後も鉄道による硫酸輸送の減少により廃車が進み、2009年(平成21年)度に最後まで在籍した5両が廃車となり同時に形式消滅となった。

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]