国鉄タキ5050形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄タキ5050形貨車
タキ5050形、コタキ55065 1995年8月3日、新苫小牧駅
タキ5050形、タキ55065
1995年8月3日、新苫小牧駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 丸正産業、日新興業、日本曹達住友商事、三井フロロケミカル、新日化産業伊藤忠商事、日本トレーディング、鶴見曹達関東電化工業三谷産業安宅産業三井物産、錦商事、日本石油輸送日本陸運産業ソーダ商事日軽化工多木化学大阪曹達、日新電化、西井、山陽国策パルプ、小西安、東亜合成化学工業
製造所 日本車輌製造汽車製造富士重工業川崎重工業日立製作所三菱重工業富士車輌
製造年 1965年(昭和40年) - 1981年(昭和56年)
製造数 105両
種車 タキ5600形タキ5650形
改造数 4両
消滅 2009年(平成21年)
常備駅 能町駅酒田港駅渋川駅
主要諸元
車体色
専用種別 塩酸、塩酸及びアミノ酸
化成品分類番号 82
軌間 1,067 mm
全長 10,900 mm - 11,900 mm
全幅 2,420 mm - 2,606 mm
全高 3,860 mm - 3,874 mm
タンク材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 35 t
実容積 29.6 m3 - 31.8 m3
自重 16.0 t - 17.4 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 1.6
台車 TR41C、TR41E、TR225
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 6,800mm - 7,800 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ5050形貨車(こくてつタキ5050がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)及び1987年昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍した私有貨車タンク車)である。

本形式より改造され別形式となったタキ26200形についても本項目で解説する。

タキ5050形[編集]

タキ5050形は、塩酸、塩酸及びアミノ酸専用の35t 積タンク車として1965年(昭和40年)から1981年(昭和56年)にかけて53ロット109両(タキ5050 - タキ5099、タキ55050 - タキ55099、タキ65050 - タキ65058)が、日本車輌製造汽車製造富士重工業川崎重工業日立製作所三菱重工業富士車輌の7社で製作された。うち4両は他形式(タキ5600形タキ5650形)からの改造車である。

記号番号表記は特殊標記符号「コ」(全長 12 m 以下)を前置し「タキ」と標記する。

落成時の所有者は、丸正産業、日新興業、日本曹達住友商事、三井フロロケミカル、新日化産業伊藤忠商事、日本トレーディング、鶴見曹達関東電化工業三谷産業安宅産業三井物産、錦商事、日本石油輸送日本陸運産業ソーダ商事日軽化工多木化学大阪曹達、日新電化、西井、山陽国策パルプ、小西安、東亜合成化学工業の25社である。

1979年(昭和54年)10月より化成品分類番号「82」(侵食性の物質、腐食性物質、危険性度合1(大))が標記された。

タンク体材質は、一般構造用圧延鋼材 (SS41、現在のSS400)製であり、このため内部に腐食防止のためのゴムライニング処理が施されている。タンク体には「(内部ゴムライニング)」と標記された。

荷役方式は、タンク上部の液入管からの上入れ、液出管と空気管使用による上出し方式である。

寸法関係は多ロットのためロット毎の違いがあり全長は10,900mm - 11,900mm、全幅は2,420mm - 2,606mm、全高は3,860mm - 3,874mm、台車中心間距離は6,800mm - 7,800mm、実容積は29.6m3 - 31.8m3、自重は16.0t - 17.4t、換算両数は積車5.0、空車1.6である。

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には67両がJR貨物に継承され、2009年(平成21年)度に最後まで在籍した1両(タキ55083)が廃車となり同時に形式消滅となった。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。(所有者は落成時の社名)

  • 昭和40年度 - 3両
    • 日本車輌製造 1両 丸正産業(タキ5050)
    • 汽車製造 1両 日新興業(タキ5051)
    • 富士重工業 1両 日本曹達(タキ5052)
  • 昭和42年度 - 4両
    • 汽車製造 1両 住友商事(タキ5053)
    • 汽車製造 2両 住友商事(タキ5054 - タキ5055)
    • 日本車輌製造 1両 日本曹達(タキ5056)
  • 昭和44年度 - 9両
    • 富士重工業 1両 三井フロロケミカル(タキ5057)
    • 日本車輌製造 2両 住友商事(タキ5058 - タキ5059)
    • 富士重工業 1両 新日化産業(タキ5060)
    • 日本車輌製造 2両 伊藤忠商事(タキ5061 - タキ5062)
    • 川崎重工業 1両 日新興業(タキ5063)
    • 汽車製造 1両 日本トレーディング(タキ5064)
    • 汽車製造 1両 鶴見曹達(タキ5065)
  • 昭和45年度 - 17両
    • 日本車輌製造 1両 三井フロロケミカル(タキ5066)
    • 日本車輌製造 1両 三井フロロケミカル(タキ5067)
    • 富士重工業(改造所) 1両 関東電化工業(タキ5609→タキ5068)
    • 富士重工業 3両 三谷産業(タキ5069 - タキ5071)
    • 汽車製造 2両 三谷産業(タキ5072 - タキ5073)
    • 富士重工業(改造所) 2両 関東電化工業(タキ5652、タキ5653→タキ5074、タキ5075)
    • 富士重工業(改造所) 1両 関東電化工業(タキ5604→タキ5076)
    • 川崎重工業 5両 三谷産業(タキ5077 - タキ5081)
    • 日本車輌製造 1両 丸正産業(タキ5082)
  • 昭和46年度 - 22両
    • 日立製作所 2両 三井フロロケミカル(タキ5083 - タキ5084)
    • 川崎重工業 2両 安宅産業(タキ5085 - タキ5086)
    • 日本車輌製造 4両 伊藤忠商事(タキ5087 - タキ5090)
    • 日本車輌製造 3両 三井物産(タキ5091 - タキ5093)
    • 富士重工業 2両 錦商事(タキ5094 - タキ5095)
    • 川崎重工業 7両 日本石油輸送(タキ5096 - タキ5099、タキ55050 - タキ55052)
    • 富士重工業 2両 三井フロロケミカル(タキ55053 - タキ55054)
  • 昭和47年度 - 7両
    • 川崎重工業 5両 日本陸運産業(タキ55055 - タキ55059)
    • 富士重工業 2両 三井フロロケミカル(タキ55060 - タキ55061)
  • 昭和48年度 - 13両
    • 富士重工業 3両 三谷産業(タキ55062 - タキ55064)
    • 日本車輌製造 1両 ソーダ商事(タキ55065)
    • 富士重工業 3両 三井フロロケミカル(タキ55066 - タキ55068)
    • 川崎重工業 2両 日軽化工(タキ55069 - タキ55070)
    • 川崎重工業 1両 日軽化工(タキ55071)
    • 川崎重工業 3両 多木化学(タキ55072 - タキ55074)
  • 昭和49年度 - 15両
    • 富士重工業 1両 大阪曹達(タキ55075)
    • 富士重工業 3両 三谷産業(タキ55076 - タキ55078)
    • 川崎重工業 2両 日新興業(タキ55079 - タキ55080)
    • 川崎重工業 3両 日新電化(タキ55081 - タキ55083)
    • 川崎重工業 3両 西井(タキ55084 - タキ55086)
    • 川崎重工業 3両 西井(タキ55087 - タキ55089)
  • 昭和50年度 - 10両
    • 日本車輌製造 2両 ソーダ商事(タキ55090 - タキ55091)
    • 川崎重工業 2両 三谷産業(タキ55092 - タキ55093)
    • 三菱重工業 1両 山陽国策パルプ(タキ55094)
    • 富士重工業 1両 関東電化工業(タキ55095)
    • 富士重工業 1両 小西安(タキ55096)
    • 日本車輌製造 1両 日本曹達(タキ55097)
    • 日本車輌製造 1両 ソーダ商事(タキ55098)
    • 日本車輌製造 1両 東亜合成化学工業(タキ55099)
  • 昭和51年度 - 2両
    • 日本車輌製造 2両 東亜合成化学工業(タキ65050 - タキ65051)
  • 昭和52年度 - 2両
    • 富士車輌 1両 大阪曹達(タキ65052)
    • 富士重工業 1両 三井フロロケミカル(タキ65053)
  • 昭和55年度 - 5両
    • 富士重工業 1両 関東電化工業(タキ65054)
    • 日本車輌製造 3両 日本陸運産業(タキ65055 - タキ65057)
    • 川崎重工業 1両 関東電化工業(タキ65058)

タキ26200形[編集]

国鉄タキ26200形貨車
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 大阪曹達→ダイソー
種車 タキ5050形
改造所 日本車輌製造
改造年 1985年(昭和60年)
改造数 1両
消滅 1998年(平成10年)
常備駅 安治川口駅
主要諸元
車体色
専用種別 亜塩素酸ソーダ液
化成品分類番号 81
軌間 1,067 mm
全長 11,700 mm
全幅 2,460 mm
全高 3,869 mm
タンク材質 普通鋼(一般構造用圧延鋼材)
荷重 35 t
実容積 29.1 m3
自重 17.2 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 1.8
台車 TR225
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 7,500 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

1985年(昭和60年)7月2日に日本車輌製造にてタキ5050形より1両(タキ65052)が、35t積亜塩素酸ソーダ液専用車への専用種別変更改造が行われ、形式は新形式であるタキ26200形(タキ26200)に変更された。

記号番号表記は特殊標記符号「コ」(全長 12 m 以下)を前置し「タキ」と標記する。

種車は1977年(昭和52年)4月14日製造のタキ5050形では唯一の富士車輌製である。

改造内容は、タンク体内部のゴムライニングを撤去し、FRPライニングとした。このため外観上の変化はない。

本形式の他に亜塩素酸ソーダ液を専用種別とする形式には、タキ24500形の1形式があるのみである。

所有者は、大阪曹達(その後ダイソーに社名変更、現・大阪ソーダ)であり、その常備駅は、桜島線安治川口駅であった。

化成品分類番号は「81」(侵食性の物質、腐食性物質、危険性度合2(中))が標記された。

塗色は、黒、全長は11,700mm、全幅は2,460mm、全高は3,869mm、台車中心間距離は7,500mm、実容積は29.1m3、自重は17.2t、換算両数は積車5.0、空車1.8、台車はベッテンドルフ式のTR225であった。

1998年(平成10年)12月に廃車となり、同時に形式消滅となった。

参考文献[編集]

  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]