国鉄タキ5600形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄タキ5600形貨車
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
所有者 関東電化工業三井物産
製造所 造機車輌、富士重工業
製造年 1957年(昭和32年) - 1963年(昭和38年)
製造数 14両
消滅 1986年(昭和61年)
常備駅 渋川駅紀三井寺駅
主要諸元
車体色
専用種別 シクロヘキサノン
軌間 1,067 mm
全長 11,800 mm
全幅 2,450 mm
全高 3,853 mm
タンク材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 30 t
実容積 32.3 m3
自重 16.5 t - 18.5 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 1.8
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 7,700 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タキ5600形貨車(こくてつタキ5600がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した私有貨車タンク車)である。

本形式より改造され別形式となったタキ5650形についても本項目で解説する。

タキ5600形[編集]

タキ5600形は、シクロヘキサノン専用の30t 積タンク車として1957年(昭和32年)4月24日から1963年(昭和38年)12月27日にかけて10ロット14両(タキ5600 - タキ5613)が造機車輌、富士重工業の2社で製作された。

本形式の他にシクロヘキサノンを専用種別とする形式は、他に例がなく唯一の存在であった。

所有者関東電化工業三井物産の2社でありそれぞれの常備駅は、群馬県渋川駅和歌山県紀三井寺駅である。

1965年(昭和40年)7月12日に4両(タキ5610 - タキ5613)の専用種別変更(シクロヘキサノン→シクロヘキシルアミン)が行われ、形式名は新形式であるタキ5650形とされた。(後述)

1966年(昭和41年)2月28日から同年11月29日にかけて3両(タキ5600、タキ5601、タキ5603)の専用種別変更(シクロヘキサノン→シクロヘキサン)が行われ、形式名は新形式であるタキ5550形タキ5550 - タキ5552)とされた。

1970年(昭和45年)7月6日から同年10月2日にかけて2両(タキ5609、タキ5604)の専用種別変更(シクロヘキサノン→塩酸)が行われ、タキ5050形に編入(タキ5068、タキ5076)された。

荷役方式は、タンク上部のマンホールからの上入れ、吐出管を用いた下出し方式である。

車体色は黒色、寸法関係は全長は11,800mm、全幅は2,450mm、全高は3,853mm、台車中心間距離は7,700mm、実容積は32.3m3、自重は16.5t - 18.5t、換算両数は積車5.0、空車1.8であり、台車はベッテンドルフ式のTR41Cであった。

1986年(昭和61年)11月29日に最後まで在籍した1両(タキ5602)が廃車となり同時に形式消滅となった。

タキ5650形[編集]

国鉄タキ5650形貨車
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
所有者 関東電化工業
種車 タキ5600形
改造年 1965年(昭和40年)
改造数 4両
消滅 1986年(昭和61年)
常備駅 渋川駅
主要諸元
車体色
専用種別 シクロヘキシルアミン
軌間 1,067 mm
全長 11,800 mm
全幅 2,450 mm
全高 3,853 mm
タンク材質 普通鋼(一般構造用圧延鋼材)
荷重 28 t
実容積 32.3 m3
自重 18.5 t
換算両数 積車 4.5
換算両数 空車 1.8
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 7,700 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

1965年(昭和40年)7月12日にタキ5600形より4両(タキ5610 - タキ5613)の専用種別変更(シクロヘキサノン→シクロヘキシルアミン)が行われ、形式名は新形式であるタキ5650形とされた。

記号番号表記は特殊標記符号「コ」(全長 12 m 以下)を前置し「タキ」と標記する。

所有者は種車時代と変わらず関東電化工業であり常備駅は、群馬県の渋川駅である。

1970年(昭和45年)11月2日に2両(タキ5652 - タキ5653)の専用種別変更(シクロヘキシルアミン→塩酸)が行われ、タキ5050形に編入(タキ5074 - タキ5075)された。

荷役方式は、タンク上部のマンホールからの上入れ、吐出管を用いた下出し方式である。

車体色は黒色、寸法関係は全長は11,800mm、全幅は2,450mm、全高は3,853mm、台車中心間距離は7,700mm、実容積は32.3m3、自重は18.5t、換算両数は積車4.5、空車1.8であり、台車はベッテンドルフ式のTR41Cであった。

1986年(昭和61年)11月29日に最後まで在籍した2両(タキ5650 - タキ5651)が廃車となり同時に形式消滅となった。

参考文献[編集]

  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]