国鉄タム8100形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄タム8100形貨車
国鉄タム8100形、タム81001993年6月26日、笠寺駅
国鉄タム8100形、タム8100
1993年6月26日、笠寺駅
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
製造所 富士重工業
製造年 1961年(昭和36年)
製造数 1両
種車 タム3700形
改造所 内外輸送、日本瓦斯化学工業→三菱瓦斯化学
改造年 1968年(昭和43年) - 1978年(昭和53年)
改造数 10両
消滅 1996年(平成8年)
常備駅 中条駅門司駅浮島町駅
主要諸元
車体色
専用種別 アルコール
化成品分類番号 31
軌間 1,067 mm
全長 8,300 mm
全幅 2,284 mm
全高 3,706 mm
タンク材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 15 t
実容積 18.8 m3
自重 11.6 t
換算両数 積車 2.6
換算両数 空車 1.2
走り装置 二段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 4,500 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄タム8100形貨車(こくてつタム8100がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)及び1987年昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍した私有貨車タンク車)である。

概要[編集]

本形式は、(飲用)アルコール専用の15t二軸貨車である。1961年(昭和36年)12月18日に1両(タム8100)が富士重工業で新製され、1968年(昭和43年)6月12日から1978年(昭和53年)10月24日にかけて3ロット10両(タム8101 - タム8110)がタム3700形メタノール専用車(タム3739, タム3715, タム3729, タム3730, タム3732, タム3733, タム3716, タム3734, タム3756, タム3761)から専用種別変更のうえ改番された。臨時専用種別変更としなかったのは、法令により有毒物質であるメタノールと共用ができないためである。

走り装置は、当初から二段リンク式で、最高速度は75km/hである。台枠は、長さ7,500mmの平台枠である。

最終時の所有者は内外輸送、常備駅は浮島町駅であった。

1979年(昭和54年)10月より化成品分類番号31」(燃焼性の物質、引火性液体、危険性度合2(中))が標記された。

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には7両がJR貨物に継承されたが、1988年(昭和63年)度に3両、1995年(平成7年)度に2両、1996年(平成8年)度に残った2両(タム8100, タム8109)が廃車となり、形式消滅した。

タンク体は、普通鋼SS400)製、ドーム付きのキセなし直胴タイプで、内部にはエポキシ樹脂塗装が施されている。タンク体の長さは6,950mm、内径は1,900mm(タム8100)である。荷役方式は、積込はマンホールから行う上入れ式、荷卸しは吐出管による下出し式である。塗色は、

全長は8,300mm、全幅は2,284mm、全高は3,706mm、軸距は4,500mm、自重は11.6t、換算両数は積車2.6、空車1.2、車軸は12t長軸であった。

参考文献[編集]

  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシング刊 ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]