国鉄チキ900形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄チキ900形貨車
基本情報
車種 長物車
運用者 日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
製造所 日本車輌製造
製造年 1968年(昭和43年)
製造数 1両
消滅 1985年(昭和60年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 21,600 mm
全幅 2,866 mm
全高 3,470 mm
荷重 50 t
自重 29.0 t
換算両数 積車 6.0
換算両数 空車 3.0
台車 TR80
台車中心間距離 15,300 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄チキ900形貨車(こくてつチキ900がたかしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1968年(昭和43年)に製作した、50t積の貨車長物車)である。

概要[編集]

チキ1500形チキ3000形などの長物車は1両を超える長尺物を輸送する場合、2両で跨いだり、遊車を連結する必要があったが、本形式ではこれを解消するため、長さ20mまでの長尺物を1両で積載するために試作された車両で、日本車輌製造で1両が製作された。

全長は21,600mm。これは国鉄の長物車では最長の部類である。台車は密封形円錐コロ軸受を採用した3軸ボギー台車のTR80。緩衝器は大容量の緩衝性能を持つゴム式のRD90形を装備している。

柵柱は転倒式。棚柱の上部に梁を渡し、スクリュージャッキで積荷の上部を締結し、摩擦力に耐える方式となっている。

専属貨車として運用されその配置は、大阪鉄道管理局姫路駅であった。

東武鉄道が創立80周年を記念して、トク500形のレプリカ[1]アルナ工機で製作した際、輸送には本形式が使用されている。

1985年(昭和60年)に除籍され、形式消滅した。

脚注[編集]

  1. ^ 東武動物公園で展示されていたが、老朽化のため1996年(平成8年)に解体撤去された。

参考文献[編集]

  • 誠文堂新光社 岡田直昭・谷雅夫『新版 国鉄客車・貨車ガイドブック』1978年
  • ないねん出版 岩堀春夫『国鉄貨車』2001年
  • 貨車技術発達史編纂委員会 編「日本の貨車-技術発達史-」2008年、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊

関連項目[編集]