国鉄チサ100形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄チサ100形貨車
基本情報
車種 長物車
運用者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
所有者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
種車 チ30500形
改造年 1928年(昭和3年)*
改造数 500両
消滅 1975年(昭和50年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 8,648 mm
全幅 2,610 mm
全高 2,665 mm
荷重 20 t
自重 9.0 t - 9.8 t
換算両数 積車 2.4
換算両数 空車 1.0
走り装置 一段リンク式**
最高速度 65km/h
備考 *称号規程改正年
**3軸貨車
テンプレートを表示

国鉄チサ100形貨車(こくてつチサ100がたかしゃ)は、1924年(大正13年)から製作された、鉄道省(後に日本国有鉄道)の20t積貨車長物車)である。

概要[編集]

北海道向けの長物車で、1927年(昭和2年)までに日本車輌製造(本店及び支店)・川崎造船所で500両が製作された。製作当初はチ30500形の形式が付与され、1928年(昭和3年)の形式称号規程改正でチサ100形改番された。

構造[編集]

走行装置は3軸の1段リンク方式で、床板は木製であり、8本の荷摺木を持つ。側面には12本の柵柱がある。荷重は20t。全長8,000mm、幅2,300mmであった。連結器は当初から自動連結器である。

運用の変遷[編集]

本形式は製作当初より一貫して北海道地区で使用され、第二次世界大戦終結後は戦時設計無蓋車トキ900形を改造した長物車チサ1600形などと混用された。1968年(昭和43年)10月ダイヤ改正(ヨンサントオ)において、同時点での在籍車488両は北海道内の限定運用車に指定され、車体側面に黄1号の帯と「道外禁止」の標記が追加された。その後は老朽化などで漸次淘汰が進行し、1975年(昭和50年)に最終在籍車37両が新製の長物車チキ7000形によって淘汰され、形式消滅している。

参考文献[編集]

  • ネコ・パブリッシング『3軸貨車の誕生と終焉』吉岡心平
  • イカロス出版『季刊ジェイ・トレイン』2008年 Vol.31「昭和50年の貨車情勢」
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]