国鉄ツム1形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄ツム1形貨車
基本情報
車種 通風車
運用者 日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
製造年 1950年(昭和25年) - 1953年(昭和28年)
製造数 600両
消滅 1959年(昭和34年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 8,200 mm
全幅 2,742 mm
全高 3,880 mm
荷重 15 t
実容積 36.5 m3
自重 11.0 t
換算両数 積車 2.2
換算両数 空車 1.0
走り装置 一段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 4,200 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄ツム1形貨車(こくてつツム1がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した有蓋貨車通風車)である。

本形式の改良型であるツム1000形についても本稿で記述する。

ツム1形[編集]

ツム1形は、国鉄が1950年(昭和25年)から1953年(昭和28年)にかけて、600両(ツム1 - ツム600)を製作した、日本初の15トン積み二軸通風車である。前級ツ2500形が有蓋兼用通風車であったのに対して、本形式は通風専用車で、同時期に製造されていた標準型有蓋車ワム23000形の通風車版といえるが、軸距は300mm、車体が350mm長くなっている。

車体は鋼製で、車体側板や妻板、側扉まで鋼板に穴を開けたスリット状の通風口が上下2段に設けられており、通風に配慮して床板にも通風口が設けられているとともに、屋根にはガーランド形通風器が6個設けられている。側扉は幅1,700mmの片引き戸である。荷室内には、折り畳み式の鋼製棚が1段設けられている。荷室内壁には木製の内張りがあり、妻板の櫛桁部には厚さ15mmのフェルトが張られている。

ツム1形の軸ばね支持装置は(一段)リンク式で、最高運転速度は65km/hであったが、1958年(昭和33年)から1959年(昭和34年)にかけて当時残存の全車(ツム194,ツム235を除く598両)が二段リンク式に改造されて最高運転速度75km/hとされ、ツム1000形(ツム1100 - ツム1697)に編入された。車軸は12t長軸である。

ツム1000形[編集]

国鉄ツム1000形貨車
ツム1000形、ツム24541981年3月、男鹿駅
ツム1000形、ツム2454
1981年3月、男鹿駅
基本情報
車種 通風車
運用者 日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
製造所 近畿車輛、鉄道車輛工業、協三工業ナニワ工機川崎車輛富士車輌日本車輌製造新木南車輛輸送機工業富士重工業、若松車輛、東急車輛製造
製造年 1953年(昭和28年) - 1963年(昭和38年)
製造数 1,000両
種車 ツム1形
改造年 1958年(昭和33年) - 1959年(昭和34年)
改造数 598両
消滅 1985年(昭和60年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 8,200 mm
全幅 2,763 mm
全高 3,880 mm
荷重 15 t
実容積 36.5 m3
自重 11.0 t
換算両数 積車 2.2
換算両数 空車 1.0
走り装置 二段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 4,200 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

ツム1000形は、ツム1形と同一の車体に二段リンク式走り装置を組み合わせた形式で、最高運転速度は75km/hに向上した。近畿車輛、鉄道車輛工業、協三工業ナニワ工機川崎車輛富士車輌日本車輌製造本店・支店、新木南車輛輸送機工業富士重工業、若松車輛、東急車輛製造で1953年(昭和28年)に100両(ツム1000 - ツム1099)、1960年(昭和35年)から1963年(昭和38年)にかけて900両(ツム1698 - ツム2597)の計1,000両が製造された。

荷室の寸法は、両形式とも長さ7,200mm、幅2,260mm、高さ2,230mmで、床面積は16.3m2、容積は36.5m3である。全長は8,200mm、全幅は2,763mm、全高は3,880mm、軸距は4,200mm、自重は11.0tである。

ツム1000形は、ツム1形からの改造車を含めて総数1,598両となり、通風車の標準形式として全国で野菜や果物などの輸送に使用されたが、昭和40年代から廃車が進み、1985年(昭和60年)度に形式消滅となった。

参考文献[編集]

  • 日本国有鉄道「100年の国鉄車両 2」1974年、交友社
  • 「国鉄貨車形式図集 I」1992年、鉄道史資料保存会刊 ISBN 4-88540-076-7
  • 貨車技術発達史編纂委員会 編「日本の貨車―技術発達史―」2008年、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊