国鉄テ1000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄テ1000形貨車
基本情報
車種 鉄製有蓋車
運用者 日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
製造所 川崎車輛
製造年 1955年(昭和30年)
製造数 50両
消滅 1967年(昭和42年)
常備駅 盛岡駅栃木駅、他
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 6,700 mm
全幅 2,666 mm
全高 3,668 mm
荷重 12 t
実容積 29.9 m3
自重 8.2 t
換算両数 積車 1.6
換算両数 空車 0.8
走り装置 一段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 3,500 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄テ1000形貨車(こくてつテ1000がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した鉄製有蓋車である。

概要[編集]

テ1000形[編集]

本形式は、国鉄が1955年(昭和30年)に川崎車輛で50両(テ1000 - テ1049)を製造した12トン積み二軸車である。当時はすでに15トン積み鉄製有蓋車としてテム100形が量産されていたが、戦後の不況に対応して製造されたワ10000形トム60000形と軌を一にするものである。

車体はテム100形を縮小したもので、漏水を防ぎ、積荷の化学反応による発熱に対応するため、床板・側板・屋根まですべて鋼板製である。積荷のばら積みに配慮して内側を平滑にするため、内張りはなく、側柱を外側に配して平鋼板を使用している。また、荷役用扉として車体中央部に幅1,500mmの片引の鋼製戸を配し、側面にX型の補強用リブがある。側引戸は、粉塵によるつまりを防ぐため、吊戸であった。屋根は側板と一体の溶接構造とされている。

荷室の寸法は、長さ5,900mm、幅2,300mm、高さ2,200mm、床面積は13.6m2、容積は29.9m3である。全長は6,700mm、全幅は2,666mm、全高は3,668mm、軸距は3,500mm、自重は8.2tである。本形式の軸ばね支持装置は(一段)リンク式で、最高運転速度は65km/h車軸は12t長軸である。

テ1200形[編集]

1956年(昭和31年)には、テ1000形と同じ車体で走行装置を二段リンク式とし、最高運転速度を75km/hに向上したテ1200形が、日本車輌製造日立製作所および川崎車輛で100両(テ1200 - テ1299)製造された。テ1200形は走り装置のほか、ブレーキ装置をテ1000形のKD形からKC形に、連結器の緩衝装置を輪ばねに変更している。

1967年(昭和42年)にテ1000形も走行装置を二段リンク式に改造し、テ1200形(テ1300 - テ1349)に編入された。改番は原番号に300を加えて行われた。

テ1200形は、生石灰の輸送用として、名古屋鉄道管理局(美濃赤坂駅)などに専属配置されて全国で使用されていたが、1970年(昭和45年)度に廃車が始まり、翌1971年(昭和46年)度には139両が一挙に廃車され形式消滅した。

参考文献[編集]

  • 日本国有鉄道 編集「100年の国鉄車両 2」1974年、交友社
  • 「国鉄貨車形式図集 I」1992年、鉄道史資料保存会刊 ISBN 4-88540-076-7
  • 貨車技術発達史編纂委員会 編「日本の貨車-技術発達史-」2008年、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊