国鉄トキ1形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄トキ1形貨車
基本情報
車種 無蓋車
運用者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
所有者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
種車 オト6199形
改造年 1928年(昭和3年)*
改造数 5両
消滅 1949年(昭和24年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 10,134 mm
全幅 2,489 mm
全高 1,791 mm
荷重 25 t
実容積 14.9 m3
自重 10.3 t - 10.6 t
換算両数 積車 2.8
換算両数 空車 1.2
台車 二軸ボギー台車
台車中心間距離 6,706 mm
最高速度 65 km/h
備考 *称号規程改正年
テンプレートを表示

国鉄トキ1形貨車(こくてつトキ1がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省等に在籍した無蓋貨車である。

概要[編集]

1909年(明治42年)に、鉄道作業局が汽車製造で5両を製作した、日本初の25トン(石炭荷重15トン)積み汎用二軸ボギー無蓋車である。製造当時は、ムボ1001形(ムボ1001 - ムボ1005)と称した。手用制動機付きであったことから、1911年(明治44年)の鉄道院車両称号規程制定ではフオト6199形(フオト6199 - フオト6203)、後にオト6199形(オト6199 - オト6203)、となった。1928年(昭和3年)の車両称号規程改正では、トキ1形(トキ1 - トキ5)に改称された。

同時期に試作されたホテワ1形(後のテキ1形(初代))とともに、当時日本最大級の貨車であったが、いずれも量産には至らなかった。また、本形式は、昭和初期まで日本最大の無蓋車であった。

車体は木製で、一部(片側2か所)をあおり戸とした他は固定4枚式の側板、妻板を有した。妻板の上部はフラットである。台枠は鋼製で、中梁は中央部の高さを増した魚腹型である。台車は軸距1,529mmのアーチバー式の二軸ボギー台車で、枕バネコイルバネを並べたものである。

荷台の内寸は長さ9,373mm、幅2,311mm、側板高さ711mm、容積は14.9m3である。その他の主要諸元は、全長10,131mm、全幅2,489mm、全高1,791mm、台車中心間6,706mm、自重10.13t - 10.39tである。

本形式は、数が少なかったことから専属配置され、主に木材輸送に使用されたが、1949年(昭和24年)までに全車が廃車となった。

参考文献[編集]

  • 「車輌形式図 貨車下巻 大正15年」1926年、鉄道省刊
  • 貨車技術発達史編纂委員会 編「日本の貨車―技術発達史―」2008年、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊