国鉄トム4500形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄トム4500形貨車
基本情報
車種 無蓋車
運用者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
所有者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
製造所 川崎車輛
製造年 1938年(昭和13年)
製造数 50両
種車 トタ50000形
消滅 1970年(昭和45年)
主要諸元
車体色 +黄1号
軌間 1,067 mm
全長 8,046 mm
全幅 2,740 mm
全高 2,265 mm
荷重 15 t
実容積 37.2 m3
自重 8.0 t
換算両数 積車 2.0
換算両数 空車 0.8
走り装置 一段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 4,000 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄トム4500形貨車(こくてつトム4500がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した無蓋貨車である。

概要[編集]

1944年(昭和19年)に、川崎車輛台湾総督府鉄道向けに製造された、二軸無蓋車トタ50000形[1]のうち、制海権喪失により台湾に発送できず本土に残っていた50両を、戦後の1946年(昭和21年)に購入したものである。番号は、トム4500 - トム4549で、国鉄では15トン積みとして使用した。形式番号が若いのは、車軸が短軸であるため、長軸形式の第一形式であるトム5000形の前に置いたためである。

本形式には、台湾向け貨車の特徴と戦時設計無蓋車の構造、そして国鉄トラ20000形とも異なる増積手法が見られ、興味深い。

台湾向け貨車の特徴としては、車軸が短軸であること、自動連結器の高さが本土向けより20mm高い900mmであること、自動連結器が下作用式であること、連結器の緩衝器が輪ばね式であることである。特に短軸であるため台枠の構造が本土向け貨車と異なっており、台枠側梁と長土台間の距離が大きいため、長土台受けの構造が山型鋼を用いて強化されている。

戦時設計の特徴は、プレス部品を用いず形鋼組み立てとした軸箱守や妻柱、数の少ない蝶番板ボルトに見られ、台枠が標準構造と異なることから、晩年までその特徴を残していた。

増積手法としては、トラ20000形と同じくあおり戸を5枚側としたが、高さは同形式よりも低く、蝶番の位置(高さ)もトムと同じである。詳細図面が未発見のため推定であるが、あおり戸高さは180mmの板を5枚用いた920mmと、トム50000形(850mm)とトラ20000形(975mm)の中間であったと思われる。

車体の平面寸法はトム50000形を基本とし、あおり戸は片側2枚で、中央部の側柱は取り外し式となっている。その他の主要諸元は、全長8,056mm、全幅2,740mm、自重8.0tである。下回りは軸距4,000mmで、軸ばね受けは一段リンク式となっており、最高運転速度は65km/hである。

その後も、汎用無蓋車として全国で使用されたが、1968年(昭和43年)10月1日国鉄ダイヤ改正では、全車が高速(最高速度75km/h)化の対象から外され、「ロ」車として帯を標記し、北海道内に封じ込めて運用された。1968年度末には3両が在籍していたが、1970年(昭和45年)度に形式消滅となった。

脚注[編集]

  1. ^ トタ50000形は、台湾総督府鉄道トタ16000形の戦時増積改設計車であり、積載荷重は16 - 17トンと思われる。国鉄の保有した形式図はトタ16000形のものを流用しており、トタ50000形である本形式の実態とは異なる。

参考文献[編集]

  • 「国鉄貨車形式図集 I」1992年、鉄道史資料保存会刊 ISBN 4-88540-076-7
  • 貨車技術発達史編纂委員会 編「日本の貨車―技術発達史―」2008年、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊
  • 吉岡心平「プロフェッサー吉岡の貨車研究室 第48回」レイルマガジン 2011年8月号(No.335)