国鉄トラ55000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄トラ55000形貨車
トラ55000形、ストラ579642007年7月26日、小樽市総合博物館
トラ55000形、トラ57964
2007年7月26日、小樽市総合博物館
基本情報
車種 無蓋車
運用者 日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
製造所 日立製作所、若松車輛、ナニワ工機
製造年 1962年(昭和37年) - 1966年(昭和41年)
製造数 3,205両
消滅 1986年(昭和61年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 8,076 mm
全幅 2,835 mm
全高 2,750 mm
荷重 18 t/15 t
実容積 43.3 m3
自重 8.5 t
換算両数 積車 2.6/2.0
換算両数 空車 0.8
走り装置 二段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 4,300 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄トラ55000形貨車(こくてつトラ55000がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した無蓋貨車である。

概要[編集]

1962年(昭和37年)から1966年(昭和41年)にかけて製造された18/15トン積み二軸無蓋車で、計3,205両が日立製作所、若松車輛、ナニワ工機で製造された。前級トラ45000形に比べ、長さを66mm、幅を89mm拡大するとともに、各部の軽量化により自重を0.2t減少させたことにより、トラ45000形より1トンの増積を可能としており、区別のため補助符号「ス[1]」を付して、「トラ」と称する。系譜的には、長さを減じて容積を増し、砕石石炭等、ばら積み貨物の場合の増積[2]を可能としたトラ35000形を嚆矢とする、「トラ」の流れに属する形式である。また、国鉄の(狭義の)無蓋車として初めて車体を床板、あおり戸も含めて全鋼製とした点でも特筆される。主要諸元は、全長8,076mm、車体長7,276mm、全幅2,835mm、床面積18.8m2、容積43.3m3、自重8.5tである。走り装置は二段リンク式で、最高運転速度は75km/hに対応する。軸距はトラ45000形の4,200mmから、前々級のトラ40000形と同じ4,300mmに戻されている。

本形式は、製造時期によって3種に区分される。その状況は次のとおりである。

  • 試作車(トラ55000 - トラ55004)5両
    本形式の試作車で、1962年(昭和37年)に製造された。車体はすべて鋼製で、あおり戸と妻板はプレス鋼板製となっている。このうち2両は、あおり戸が上下開き式となっている。
  • 初期車(トラ55010 - トラ55069)60両
    初期生産車で、あおり戸が木製に戻された。これは、鋼板製あおり戸に様々な要素を盛り込むため、設計に時間を取られたためといわれている。
  • 量産車(トラ55100 - トラ58239)3,140両
    試作車、初期車を受けて量産されたタイプで、あおり戸は鋼板製とされたほか、積荷固定用の釘を打つための埋木が床面に設けられた。

無蓋車の主力車種として日本全国で運用されたが、1986年(昭和61年)度で形式消滅となり、JRには1両も引き継がれていない。

保存[編集]

本形式は、次の2両が静態保存されている。

脚注[編集]

  1. ^ 全鋼製車両であることから、スチールの「ス」に由来する。
  2. ^ 通常の積荷の場合は、荷重15トンである。

参考文献[編集]

  • 貨車技術発達史編纂委員会 編「日本の貨車―技術発達史―」2008年、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊
  • 日本国有鉄道 編「100年の国鉄車両 2」1974年、交友社
  • 「貨車形式図面集 昭和50年代」ジェイズ刊