国鉄ヒ300形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄ヒ300形貨車
基本情報
車種 控車
運用者 日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
種車 ワ1形、ワム3500形ト20000形ヒ500形
改造年 1949年(昭和24年) - 1966年(昭和41年)
改造数 43両
消滅 1993年(平成5年)
常備駅 宇野駅幌内駅、他
主要諸元
車体色 +黄1号
軌間 1,067 mm
全長 6,406 mm
全幅 2,626 mm
全高 1,957 mm
自重 6.0 t
換算両数 0.6
走り装置 シュー式
車輪径 860 mm
軸距 3,000 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄ヒ300形貨車(こくてつヒ300がたかしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1949年昭和24年)から製作した事業用貨車控車)である。

概要[編集]

鉄道連絡船の航送用の控車として製作された車両で、1949年(昭和24年)から1966年(昭和41年)にかけて、ワ1形有蓋車、ワム3500形有蓋車およびト20000形無蓋車から、37両(ヒ300 - ヒ317、ヒ324 - ヒ342)が改造された。またヒ500形より6両(ヒ540 - ヒ545初代)が改番され本形式(ヒ318 - ヒ323)に編入された。

改造に際しては種車の上回りを撤去し、手摺を設置した。走行装置はシュー式である。最高速度は65km/h

1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正では高速化不適格車とされて最高速度65km/hの指定車となり、識別のため記号に「ロ」が追加され「ヒ」となり黄1号の帯を巻いている。

老朽化により淘汰が進み、1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化に際しては、2両(ヒ333, ヒ334)が日本貨物鉄道(JR貨物)へ継承され、幌内駅で使用されていたが、ヒ334が1991年平成3年)に、ヒ333が1993年(平成5年)12月16日に廃車となり形式消滅した。

参考文献[編集]

  • イカロス出版『J-train』
    • 岡田誠一「国鉄事業用車カタログ1980 Part2 電車・貨車編」2006年 Vol.21
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]