国鉄ホキ6300形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄ホキ6300形貨車
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本国有鉄道
所有者 電気化学工業
種車 国鉄ホキ5600形
改造所 日立製作所*
改造年 1971年(昭和46年)**
改造数 26両
消滅 1985年(昭和60年)
常備駅 八木原駅青海駅
主要諸元
車体色
専用種別 セメント
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
全長 11,500 mm
全幅 2,500 mm
全高 3,589 mm
ホッパ材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 35 t
実容積 28.0 m3
自重 18.6 t
換算両数 積車 5.5
換算両数 空車 1.8
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 7,400 mm
最高速度 75 km/h
備考 *改造所
**ホキ5600形からの改造初年
テンプレートを表示

国鉄ホキ6300形貨車(こくてつホキ6300がたかしゃ)は、1971年(昭和46年)から改造製作された、セメント専用の 35 t貨車ホッパ車)である。

私有貨車として製作され、日本国有鉄道(国鉄)に車籍編入された。

概要[編集]

当形式はセメント輸送用として1971年(昭和46年)7月21日から1972年(昭和47年)8月10日にかけて日立製作所にて国鉄ホキ5600形から26両(ホキ6300 - ホキ6325)が改造(専用種別変更)製作された。

所有者は、電気化学工業 1社のみであり、上越線の八木原駅を常備駅としていたが後に北陸本線青海駅に変更された。

エアスライド式有蓋ホッパ車であり、荷役方式はホッパ上部の屋根扉より上入れ、自重落下エアスライド式による下出し(レール内側)であった。

全長は11,500mm、全幅は2,500mm、全高は3,589mm、台車中心間距離は7,400mm、実容積は28.0m3、自重は18.6tで、換算両数は積車5.5、空車1.8、台車はベッテンドルフ式のTR41Cであった。

セメントターミナルタキ1900形導入に伴い、1985年(昭和60年)12月26日に全車26両が一斉に廃車になり形式消滅した。改造よりわずか14年後のことであった。

年度別製造数[編集]

各年度による改造会社と両数、所有者は次のとおりである。(種車はすべて日立製作所製である)

  • 昭和46年度 - 22両
    • 日立製作所 22両 電気化学工業 (ホキ5612 - ホキ5622、ホキ5627、ホキ5628、ホキ5654 - ホキ5658、ホキ5670 - ホキ5673→ホキ6300 - ホキ6312)
  • 昭和47年度 - 4両
    • 日立製作所 4両 電気化学工業 (ホキ5623 - ホキ5626→ホキ6322 - ホキ6325)

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平『RM LIBRARY 141 有蓋ホッパ車のすべて(下)』(ネコ・パブリッシング、2011年)ISBN 978-4-7770-5307-0

関連項目[編集]