国鉄ホキ8500形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄ホキ8500形貨車
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 三菱セメント→ 三菱鉱業セメント→三菱マテリアル
製造所 若松車輛
製造年 1967年(昭和42年) - 1974年(昭和49年)
製造数 39両
消滅 2002年(平成14年)
常備駅 石原町駅黒崎駅
主要諸元
車体色
専用種別 石灰石
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
全長 10,000 mm
全幅 2,920 mm
全高 2,652 mm
ホッパ材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 35 t
実容積 25.0 m3
自重 15.0 t
換算両数 積車 5.5
換算両数 空車 1.4
台車 TR41C、TR41E-12
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 6,150 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄ホキ8500形貨車(こくてつホキ8500がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)及び1987年昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍したホッパ車である。

概要[編集]

ホキ8500形石灰石輸送用として1967年(昭和42年)から1974年(昭和49年)にかけて若松車輛にて39両(ホキ8500 - ホキ8538)が製作された35t積の私有貨車である。

所有者は、三菱セメント 1社のみであった。その後社名変更があり三菱セメント→ 三菱鉱業セメント→三菱マテリアル→宇部三菱セメントになったが、車両は宇部三菱セメントには社名変更しなかった。

石原町駅を常備駅としていたが、その後黒崎駅に変更になり工場までの原料輸送に運用された。

前期形17両(ホキ8500 - ホキ8516)と後期形22両(ホキ8517 - ホキ8538)に大別でき、両者の外観は大きく異なる。

外観はホキ4200形と酷似しているがホキ8500形の方が一回り大きい。

荷役方式はホッパ上部より上入れ、自重落下式による側扉出しであった。

全長は10,000mm、全幅は2,920mm、全高は2,652mm、台車中心間距離は6,150mm、実容積は25.0m3、自重は15.0tで、換算両数は積車5.5、空車1.4である。台車は前期形がTR41Cであり、後期形はTR41E-12であった。

ホキ8505が1978年(昭和53年)7月14日に事故廃車になり以降38両体制で運用された。

2002年(平成14年)3月に最後まで在籍した車38両が廃車になり形式消滅したが、実際には1996年(平成8年)3月の専用線廃止時に門司機関区構内にて解体されて姿を消している。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。(所有者は落成時の社名)

  • 昭和42年度 - 17両
    • 若松車輌 17両 三菱セメント (ホキ8500 - ホキ8516)
  • 昭和49年度 - 22両
    • 若松車輌 22両 三菱鉱業セメント (ホキ8517 - ホキ8538)

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑』(ネコ・パブリッシング、1997年)ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平『RM LIBRARY 151 無蓋ホッパ車のすべて(上)』(ネコ・パブリッシング、2012年)ISBN 978-4-7770-5322-3

関連項目[編集]