国鉄ホキ9800形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄ホキ9800形貨車
ホキ9800形、オホキ9800 1986年5月24日、倉賀野駅
ホキ9800形、ホキ9800
1986年5月24日、倉賀野駅
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 キリンビール
製造所 日本車輌製造
製造年 1972年(昭和47年) - 1981年(昭和56年)
製造数 55両
消滅 1998年(平成10年)
常備駅 横浜本牧駅神戸港駅
主要諸元
車体色 クリーム4号
専用種別 麦芽
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
全長 12,700 mm
全幅 2,962 mm
全高 3,880 mm
ホッパ材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 30 t
実容積 55.0 m3
自重 17.6 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 1.8
台車 TR41E,TR225
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 8,600 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄ホキ9800形貨車(こくてつホキ9800がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)及び1987年昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍したホッパ車である。

概要[編集]

ホキ9800形麦芽輸送用として1972年(昭和47年)から1981年(昭和56年)にかけて日本車輌製造にて55両(ホキ9800 - ホキ9854)が製作された30t積の私有貨車である。

所有者は、全車生涯変更されることなくキリンビール 1社のみであった。

ホキ9800形が登場する6年程前に、既にホキ2200形が落成していたが、ホキ2200形は国鉄所有車で、自社の生産計画に合わせた自由な配車ができなかったため、私有貨車として本形式が製作された。

大きく2タイプに大別でき、前期形33両(ホキ9800 - ホキ9832)は落成時は黒色であったが、1978年(昭和53年)にクリーム4号ホキ2200形と同色)に変更された。後期形22両(ホキ9833 - ホキ9854)は落成時よりクリーム4号であった。

記号番号表記は特殊標記符号「オ」(全長 12 m 以上)を前置し「ホキ」と標記する。

横浜本牧駅山下埠頭駅仙台西港駅神戸港駅湊川駅を常備駅としてキリンビール各工場までの原料輸送に運用された。

外観はホキ2200形とほぼ瓜二つであるが、ホキ9800形の方が積荷比重が小さいため、55.0 m3と10 %程拡大された。(ホキ2200形は50.0 m3

荷役方式はホッパ上部の積込口による上入れ、ホッパ下部の取出口による下出し(自重落下+吸引式)であった。

全長は12,700 mm、全幅は2,962 mm、全高は3,880 mm、台車中心間距離は8,600mm、実容積は55.0m3、自重は17.6 t、換算両数は積車5.0、空車1.8である。台車はホキ9832までがベッテンドルフ式のTR41E、ホキ9833以降がTR225である。

1998年平成10年)1月に最後まで在籍した車24両が廃車になり、形式消滅した。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。

  • 昭和47年度 - 33両
    • 日本車輛製造 33両 キリンビール (ホキ9800 - ホキ9832)
  • 昭和56年度 - 22両
    • 日本車輛製造 22両 キリンビール (ホキ9833 - ホキ9854)

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑』(ネコ・パブリッシング、1997年)ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平『RM LIBRARY 140 有蓋ホッパ車のすべて(上)』(ネコ・パブリッシング、2011年)ISBN 978-4-7770-5306-3

関連項目[編集]