国鉄ワフ28000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄ワフ28000形貨車
基本情報
車種 有蓋緩急車
運用者 運輸省
日本国有鉄道
所有者 運輸省
日本国有鉄道
製造年 1944年(昭和19年) - 1946年(昭和21年)
製造数 250両
消滅 1968年(昭和43年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 7,850 mm
全幅 2,640 mm
全高 3,880 mm
荷重 t
実容積 25.2 m3
自重 8.3 t
換算両数 積車 1.2
換算両数 空車 1.2
走り装置 一段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 4,200 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄ワフ28000形貨車(こくてつワフ28000がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)およびその前身である運輸通信省に在籍した有蓋緩急貨車である。

概要[編集]

本形式は、1944年(昭和19年)から1946年(昭和21年)にかけて250両(ワフ28000 - ワフ28159, ワフ28210 - ワフ28299)が製造された、8トン二軸有蓋緩急車である。なお、二車現存車の改番のため、最終番号はワフ28300である。鋼材節約のため、鋼製だった前級ワフ25000形の車体を木製化したもので、ワム50000形同様の戦時設計車である。車掌室の側面には窓1個と片開き戸1枚が、妻面中央には窓が1個設けられている。原設計では、車掌室の屋根上にトルペード型通風器が2個設けられているが、ガーランド型1個のものも多かった。資材節約のため、戦時中は塗装を1回塗りとし、さらに進んで塗装を省略して落成した車両もある。

車体が木製とされた以外は、ワフ25000形の基本寸法を踏襲した貨物室重視の設計で、側板・妻板は鋼柱を外側に立てた横羽目である。貨物室には幅1,500mmの木製片引戸が1か所(片側)に設けられている。走り装置の軸ばね吊り受けは(一段)リンク式で、最高運転速度は65km/h車軸は12t長軸である。貨物室の寸法は、長さ5,000mm、幅2,300mm、高さ2,145mm、床面積11.5m2、容積25.2m3である。全長は7,850mm、全幅は2,640mm、全高は3,880mm、軸距は4,200mm、自重は8.5tで、車軸位置は貨物室側にオフセットしてあり、車掌室側のオーバーハングは1,635mm、貨物室側のオーバーハングは1,215mm(いずれも端梁までの長さ)である。

本形式は、乗務する車掌の執務環境が悪いことから早期に整理対象となり、一時計画された鋼体化も実現せず、1968年(昭和43年)までに全車廃車となった。

譲渡[編集]

1962年(昭和37年)にワフ28054が江若鉄道に譲渡され、ワフ280形(ワフ280)となった。

参考文献[編集]

  • 貨車技術発達史編纂委員会 編「日本の貨車―技術発達史―」2008年、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊
  • 「国鉄貨車形式図集I」1992年、鉄道史資料保存会
  • 高間恒雄 編「全盛期の国鉄貨車1」1998年、レイルロード刊 ISBN 4-947714-05-0