国鉄ワム1形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄ワム1形貨車
基本情報
車種 有蓋車
運用者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
所有者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
種車 ワム19780形、ワム23000形
改造年 1928年(昭和3年)*
改造数 1,787両
消滅 1968年(昭和43年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 7,830 mm
全幅 2,565 mm
全高 3,734 mm
荷重 15 t
実容積 36.3 m3
自重 6.4 t - 8.8 t
換算両数 積車 2.0
換算両数 空車 1.0
走り装置 一段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 3,962 mm
最高速度 65 km/h
備考 *称号規程改正年
テンプレートを表示

国鉄ワム1形貨車(こくてつワム1がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した有蓋貨車である。

概要[編集]

ワム1形は、鉄道院・鉄道省が製作した、15トン積み二軸車有蓋車で、1928年(昭和3年)の車両称号規程改正により、ワム19780形およびワム23000形(初代)を改番したものである。この改番により、1,666両が本形式となったほか、佐久鉄道芸備鉄道宇部鉄道鶴見臨港鉄道豊川鉄道飯山鉄道北海道鐵道胆振縦貫鉄道からの買収編入車と二車現存の書き換えが10両あり、最終番号はワム1787である。

本形式は、鉄道国有化後の標準形式となり、列車重量や長さを規定する換算両数の基準となった。

ワ19780形(ワム19780形)[編集]

ワ19780形は、1914年(大正3年)に100両(ワ19780 - ワ19879)が製造された、14トン積みの有蓋車である。軍馬の輸送に適した車体高さを持った貨車(6頭積載可能)として馬を繋いでおく馬環も設けられ、記号「ム(馬=ムマのム)」を付すことになり、翌1915年(大正4年)にワム19870形に改称された。この記号「ム」は、1928年の車両称号規程改正時に14 - 16トン積みの貨車を表す記号として流用され、重量記号「ム・ラ・サ・キ」の元となった。

また、積載荷重は後年、次級ワム32000形と同じ15トン積みに変更されている。

車体は、鋼製の柱を車体外部に立て、側板として木板を横羽目としたもので、側面には、幅1,370mm荷役用片引き扉が設けられている。引き戸は木製であったが、後に木製から鋼製に交換されたものもある。側板には、後年、補強として鋼板の筋交いが設けられたものが多かった。床と屋根は木製である。妻面上部には、1個の通風器が設置されている。

台枠は、前級から引き続いて鋼製である。軸ばねの支持装置は、(一段)リンク式であったが、ばねの折損事故が相次いだため、後年シュー式にグレードダウンされたものがある。次級ワム32000形(後のワム3500形)の車軸が長軸であるのに対し、本形式は10トン短軸であることが大きな違いとなっている。最高速度は65km/hである。

諸元については、全長7,830mm、全幅2,565mm、全高3,734mm、容積36.3m3、軸距は3,962mm、自重は6.4 - 8.8tである。

ワム23000形[編集]

ワム23000形は、ワム19780形の改良型として、1915年(大正4年)から1917年(大正6年)にかけて1,600両(ワム23000 - ワム24599)が製造された鉄道院初の15トン積み二軸有蓋車である。基本構造はワム19780形と同様であるが、幅を2,740mmとして、容積を38.7m3に増している。自重は6.7 - 9.0tである。

1928年車両称号規程改正後[編集]

1928年(昭和3年)車両称号規程改正時には、ワム19780形97両、ワム23000形1,569両がワム1形とされた。

本形式は、汎用有蓋車として全国で使用されたが、1956年(昭和31年)頃から老朽化のため本格的に廃車が始まった。経年が高いことから1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正にともなう高速化(最高速度75km/h対応)改造の対象から外され、同年度までに形式消滅した。

形式間改造[編集]

トム3400形[編集]

トム3400形は、1945年(昭和20年)に本形式を改造した無蓋車で、2両(トム3400, トム3401)が在籍したが、1950年(昭和25年)までに廃車された。

サ1形[編集]

サ1形は、事業用となっていたワム1形13両を1953年(昭和28年)の称号規程改正の際に、正式に工作車に区分類別(サ1 - サ13)したものである。その後4両(サ14 - サ17)が、1955年(昭和30年度)に追加改造され、合計17両(サ1 - サ17)が本形式となったが、1972年(昭和47年)に形式消滅した。

改造後 改造前 改造後
常備駅
廃車年月日 改造後 改造前 改造後
常備駅
廃車年月日
サ1 ワム233 旭川駅 サ11 ワム1121 小倉駅 1958年(昭和33年)10月1日
サ2 ワム337 長崎駅 1961年(昭和36年)3月31日 サ12 ワム1565 小倉駅 1958年(昭和33年)6月20日
サ3 ワム413 熊本駅 1959年(昭和34年)6月16日 サ13 ワム1628 五稜郭駅
サ4 ワム551 鳥栖駅 1960年(昭和35年)3月31日 サ14 ワム58 静岡駅 1965年(昭和40年)6月26日
サ5 ワム567 青森駅 サ15 ワム652 函館駅
サ6 ワム722 旭川駅 サ16 ワム866 塩尻駅 1959年(昭和34年)12月21日
サ7 ワム885 長野駅 1959年(昭和34年)12月16日 サ17 ワム894 塩尻駅 1958年(昭和33年)8月20日
サ8 ワム922 五稜郭駅 1962年(昭和37年)2月27日
サ9 ワム1052 静岡駅 1964年(昭和39年)8月17日
サ10 ワム1114 鹿児島駅 1958年(昭和33年)4月15日

エ1形[編集]

エ1形は、事業用となっていたワム1形204両を1953年(昭和28年)の称号規程改正の際に、正式に救援車に区分類別(エ1 - エ204)したものである。その後1955年(昭和30年度)より18両(エ205 - エ222)が、同じくワム1形より追加改造され合計222両(エ1 - エ222)が本形式となった。改造より早くも2年後の1955年(昭和30年)から廃車が始まり、1972年(昭和47年)に形式消滅した。

改造後 改造前 改造後
配置局
改造後 改造前 改造後
配置局
改造後 改造前 改造後
配置局
エ1 ワム1 仙台 エ75 ワム886 札幌 エ149 ワム1423 長野
エ2 ワム9 静岡 エ76 ワム889 門司 エ150 ワム1435 新潟
エ3 ワム12 青函 エ77 ワム896 東京 エ151 ワム1442 仙台
エ4 ワム14 高崎 エ78 ワム902 天王寺 エ152 ワム1419 門司
エ5 ワム15 東京 エ79 ワム909 青函 エ153 ワム1461 秋田
エ6 ワム48 東京 エ80 ワム917 鹿児島 エ154 ワム1464 門司
エ7 ワム67 門司 エ81 ワム927 新潟 エ155 ワム1468 長野
エ8 ワム87 門司 エ82 ワム928 岡山 エ156 ワム1474 門司
エ9 ワム91 東京 エ83 ワム934 門司 エ157 ワム1480 門司
エ10 ワム100 熊本 エ84 ワム935 長野 エ158 ワム1488 札幌
エ11 ワム104 仙台 エ85 ワム949 門司 エ159 ワム1492 門司
エ12 ワム105 高崎 エ86 ワム950 千葉 エ160 ワム1500 門司
エ13 ワム114 千葉 エ87 ワム955 長野 エ161 ワム1510 長野
エ14 ワム119 名古屋 エ88 ワム959 札幌 エ162 ワム1513 天王寺
エ15 ワム128 米子 エ89 ワム965 広島 エ163 ワム1514 門司
エ16 ワム133 仙台 エ90 ワム970 盛岡 エ164 ワム1516 長野
エ17 ワム155 熊本 エ91 ワム982 秋田 エ165 ワム1520 長野
エ18 ワム176 札幌 エ92 ワム983 四国 エ166 ワム1522 長野
エ19 ワム197 門司 エ93 ワム989 天王寺 エ167 ワム1528 新潟
エ20 ワム199 名古屋 エ94 ワム998 新潟 エ168 ワム1529 米子
エ21 ワム200 仙台 エ95 ワム1004 大阪 エ169 ワム1532 天王寺
エ22 ワム205 岡山 エ96 ワム1017 東京 エ170 ワム1540 門司
エ23 ワム208 東京 エ97 ワム1026 長野 エ171 ワム1545 仙台
エ24 ワム210 門司 エ98 ワム1059 岡山 エ172 ワム1549 門司
エ25 ワム229 長野 エ99 ワム1065 札幌 エ173 ワム1551 旭川
エ26 ワム230 長野 エ100 ワム1068 仙台 エ174 ワム1553 盛岡
エ27 ワム273 門司 エ101 ワム1088 秋田 エ175 ワム1555 旭川
エ28 ワム277 盛岡 エ102 ワム1116 米子 エ176 ワム1559 長野
エ29 ワム283 大分 エ103 ワム1125 秋田 エ177 ワム1560 高崎
エ30 ワム295 仙台 エ104 ワム1130 盛岡 エ178 ワム1567 広島
エ31 ワム306 札幌 エ105 ワム1133 水戸 エ179 ワム1583 秋田
エ32 ワム312 札幌 エ106 ワム1141 門司 エ180 ワム1586 札幌
エ33 ワム315 東京 エ107 ワム1148 高崎 エ181 ワム1596 札幌
エ34 ワム316 東京 エ108 ワム1156 門司 エ182 ワム1598 広島
エ35 ワム327 大分 エ109 ワム1166 新潟 エ183 ワム1600 長野
エ36 ワム350 大分 エ110 ワム1172 天王寺 エ184 ワム1613 新潟
エ37 ワム364 東京 エ111 ワム1176 大阪 エ185 ワム1617 水戸
エ38 ワム373 東京 エ112 ワム1177 札幌 エ186 ワム1618 高崎
エ39 ワム398 天王寺 エ113 ワム1178 米子 エ187 ワム1623 門司
エ40 ワム444 盛岡 エ114 ワム1189 新潟 エ188 ワム1631 長野
エ41 ワム454 熊本 エ115 ワム1191 天王寺 エ189 ワム1634 東京
エ42 ワム455 大阪 エ116 ワム1196 四国 エ190 ワム1639 東京
エ43 ワム456 盛岡 エ117 ワム1213 新潟 エ191 ワム1640 天王寺
エ44 ワム473 四国 エ118 ワム1218 門司 エ192 ワム1657 岡山
エ45 ワム482 大分 エ119 ワム1219 新潟 エ193 ワム1664 天王寺
エ46 ワム493 門司 エ120 ワム1226 大分 エ194 ワム1670 岡山
エ47 ワム500 岡山 エ121 ワム1235 鹿児島 エ195 ワム1674 長野
エ48 ワム521 大阪 エ122 ワム1237 秋田 エ196 ワム1678 門司
エ49 ワム527 天王寺 エ123 ワム1250 長野 エ197 ワム1703 仙台
エ50 ワム542 高崎 エ124 ワム1253 千葉 エ198 ワム1708 門司
エ51 ワム565 門司 エ125 ワム1257 札幌 エ199 ワム1423 札幌
エ52 ワム566 高崎 エ126 ワム1261 門司 エ200 ワム1435 水戸
エ53 ワム578 盛岡 エ127 ワム1267 東京 エ201 ワム1442 旭川
エ54 ワム588 静岡 エ128 ワム1281 天王寺 エ202 ワム1419 天王寺
エ55 ワム605 東京 エ129 ワム1294 青函 エ203 ワム1461 鹿児島
エ56 ワム639 盛岡 エ130 ワム1208 鹿児島 エ204 ワム1464 広島
エ57 ワム680 門司 エ131 ワム1313 新潟 エ205 ワム32 盛岡
エ58 ワム686 岡山 エ132 ワム1316 岡山 エ206 ワム304 東京
エ59 ワム691 青函 エ133 ワム1319 門司 エ207 ワム311 東京
エ60 ワム695 東京 エ134 ワム1328 長野 エ208 ワム419 大阪
エ61 ワム696 青函 エ135 ワム1343 広島 エ209 ワム610 名古屋
エ62 ワム701 青函 エ136 ワム1365 東京 エ210 ワム627 米子
エ63 ワム723 札幌 エ137 ワム1366 四国 エ211 ワム796 新潟
エ64 ワム749 札幌 エ138 ワム1370 札幌 エ212 ワム864 東京
エ65 ワム761 札幌 エ139 ワム1371 長野 エ213 ワム972 盛岡
エ66 ワム763 天王寺 エ140 ワム1372 岡山 エ214 ワム1020 天王寺
エ67 ワム773 札幌 エ141 ワム11375 新潟 エ215 ワム1472 新潟
エ68 ワム782 米子 エ142 ワム1379 鹿児島 エ216 ワム1508 盛岡
エ69 ワム785 釧路 エ143 ワム1381 旭川 エ217
エ70 ワム806 米子 エ144 ワム1396 仙台 エ218
エ71 ワム817 静岡 エ145 ワム1408 門司 エ219
エ72 ワム839 仙台 エ146 ワム1420 岡山 エ220
エ73 ワム852 米子 エ147 ワム1421 米子 エ221
エ74 ワム884 熊本 エ148 ワム1422 米子 エ222

ポ300形[編集]

ポ300形は、1955年(昭和30年)にトキ900形より20両、1956年(昭和31年)に本形式より20両、1957年(昭和32年)に本形式より20両が改造された陶器車で、合計60両(ポ300 - ポ359)が在籍した。改造工事はすべて長野工場にて行われた。外観・性能は、ワ12000形と同じである。1971年(昭和46年)までに全車廃車となった。

ウ500形[編集]

ウ500形豚積車の一部は、本形式の改造名義により製作された。1957年(昭和32年)に新津工場にて50両、1958年(昭和33年)に新津工場にて25両、長野工場にて25両の合計100両(ウ500 - ウ599)が改造されている。

いずれも改造に際して軸ばねの支持装置を、(一段)リンク式から二段リンク式へと変更した。

類型車[編集]

本形式は、地方鉄道の勃興期に製造されたことから、私鉄向けの類型車の製造も多い。前述のように、佐久鉄道、芸備鉄道、宇部鉄道、鶴見臨港鉄道、豊川鉄道、飯山鉄道、北海道鐵道、胆振縦貫鉄道からの買収車が、本形式に編入されている。

北海道鉄道ワム1形[編集]

北海道鉄道(2代)ワム1形は、1922年(大正11年) - 1926年(大正15年)に9両(ワム1 - ワム9)が日本車輌製造で製造された同形車である。1943年(昭和18年)8月の戦時買収に伴い鉄道省に編入され、ワム1形(ワム1742 - ワム1750)となった。

小湊鉄道ワム1形[編集]

小湊鉄道ワム1形は、1924年(大正13年)3月に2両(ワム1, ワム2)が東洋車輛で製造された同形車である。

鶴見臨港鉄道ワム3000形[編集]

鶴見臨港鉄道ワム3000形は、1926年(大正15年)3月に3両(ワム3001 - ワム3003)が鶴見木工で製造された同形車である。1943年(昭和18年)7月の戦時買収に伴い鉄道省に編入され、ワム1形(ワム1719 - ワム1721)となった。

胆振鉄道ワム1形[編集]

胆振鉄道ワム1形は、1928年(昭和3年)の開業時に1両(ワム1)が日本車輌製造東京支店で製造された同形車である。製造時は空気ブレーキは装備していなかったが、1932年(昭和7年)2月に取り付けられた。1941年(昭和16年)の胆振縦貫鉄道合併時には、ワム3と改番されている。1944年(昭和19年)7月の戦時買収に伴い鉄道省に編入され、ワム1形(ワム1770)となった。

津軽鉄道ワム1形[編集]

津軽鉄道ワム3

津軽鉄道ワム1形は、開業に際して1929年(昭和4年)に6両(ワム1 - ワム6)が日本車輌製造で製造された同形車である。国鉄直通車として使用された。2012年現在、ワム5が現存している。

大井川鉄道ワム1形[編集]

大井川鉄道ワム1形は、1930年(昭和5年)に1両(ワム1)が日本車輌製造で製造された同形車である。

譲渡[編集]

私鉄譲渡は多数におよぶが、ここでは文献上で判明するものを記す。

1949年1月、2両(ワム1725, ワム1727)が三井芦別鉄道に譲渡され、ワム2, ワム3となった。

1950年3月、1両(ワム1003)が上信電気鉄道に譲渡され、ワム1となった。

1951年9月、1両(ワム1764)が寿都鉄道に譲渡され、ワム250形(ワム251)となった。

1952年3月、2両(ワム883, ワム1209)が十和田観光電鉄に譲渡され、ワム101, ワム102となった。

1957年、2両(ワム372, ワム1182)が土佐電気鉄道に譲渡され、ワム1形(ワム1, ワム2)となり、安芸線で使用された。

戦後2両(ワム57, ワム630)が羽後交通に譲渡され、ワム1形(ワム1, ワム2)となった。横荘線で使用された。廃車は、ワム1が1968年(昭和43年)10月、ワム2が1959年(昭和34年)5月。

参考文献[編集]

  • 「昭和28年 車両称号規程改正に伴う新旧番号対照表(貨車)」1972年、「展望車(マイテ)No.1」鉄道友の会東京支部客貨車気動車部会 編
  • 「国鉄貨車形式図集 I」1992年、鉄道史資料保存会刊 ISBN 4-88540-076-7
  • 貨車技術発達史編纂委員会 編「日本の貨車―技術発達史―」2008年、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊
  • 澤内一晃・星良助「北海道の私鉄車両」2016年、北海道新聞社刊 ISBN 978-4-89453-814-6