国鉄ワム23000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄ワム23000形貨車
ワム90000形ワム123725ワム23000形ワム23725からの二段リンク改造車(ドアにリブのないタイプ)
ワム90000形ワム123725
ワム23000形ワム23725からの
二段リンク改造車
(ドアにリブのないタイプ)
基本情報
車種 有蓋車
運用者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
所有者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
製造年 1938年(昭和13年)
製造数 6,630+α両
種車 トキ900形
改造数 2,589+α両
消滅 1983年(昭和58年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 7,830 mm
全幅 2,731 mm
全高 3,740 mm
荷重 15 t
実容積 37.6 m3
自重 9.9 t
換算両数 積車 2.0
換算両数 空車 1.0
走り装置 一段リンク式
軸距 3,900 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄ワム23000形貨車(こくてつワム23000がたかしゃ)は、日本国有鉄道およびその前身である鉄道省が製作した15 t 積み鋼製二軸貨車有蓋車)である。

概要[編集]

本形式は1938年(昭和13年)から製造が開始された15 t 積み鋼製有蓋車である。基本的な構造はワム21000形のものを引き継いでいるが、続いて製作された10 t 積の小型有蓋車ワ22000形での改良点[1]を取り入れている。寸法的には前級であるワム21000形と変更無く 床面積 15.9 m2、床面高 1,090 mm、入口扉幅 1,700 mmであった。

1938年(昭和13年)から1941年(昭和16年)にかけて約6,500両が製造された。その後戦時型で木造に戻ったワム50000形に移行したが、1946年(昭和21年)から製造を再開、トキ900形無蓋車の改造車1,600両(ワム32000番台)もある。1954年(昭和29年)までに改造も含め15,305両(ワム23000 - ワム31809, ワム32000 - ワム33599, ワム35000 - ワム40534。書替車20両あり)が製造された。

標準型の15 t 積み有蓋車として使用されたが、1953年(昭和28年)から1968年(昭和43年)にかけて一段リンク式(12 t 長軸、平軸受)である走行装置を二段リンク式に改造しワム90000形となった。一部は未改造で残ったが、1971年(昭和46年)度までに全車が廃車となった。ただし、台帳上は依然として在籍したことになっており、名実ともに消滅したのは、1983年(昭和58年)のことであった。

形態変化が様々あり、例えば多くはドアに横2本のリブがあるが、戦前製のもの(30000番以前)の一部にはドアにリブのないものもある。

なお、1911年(明治44年)称号規程によりワム23000形とされた15 t 積み鋼製有蓋車は別のものであり、1928年(昭和3年)称号規程ワム1形の一部とされた。

各年度による製造会社と両数は次のとおりである(判明分のみ)。

  • 昭和26年度
    • 高砂工場 100両[2]
  • 昭和27年度
    • 高砂工場 30両[2]

各年度によるトキ900形からの改造工場と両数は次のとおりである(判明分のみ)。

  • 昭和25年度 - 491両
    • 大宮工場 100両
    • 名古屋工場 100両
    • 高砂工場 150両[2]
    • 長野工場 41両
    • 新津工場 100両
  • 昭和26年度 - 720両
    • 郡山工場 100両
    • 新津工場 120両
    • 長野工場 110両
    • 名古屋工場 150両
    • 高砂工場 240両[2]
  • 昭和27年度 - 100両
    • 郡山工場 50両
    • 長野工場 50両

派生形式[編集]

ワム2000形[編集]

ワム2000形はワム23000形の同系車で、戦時中に大量に製造された「12 t 短軸」の車軸を活用するために、台枠構造を短軸用に変更したものである。

1946年(昭和21年)から1948年(昭和23年)にかけて川崎車輛近畿車輛汽車製造帝國車輛工業の4社にて678両(ワム2000 - ワム2677)が製作され、1955年(昭和30年)度にトキ900形から480両(ワム2678 - ワム3157)が長野工場、新津工場、名古屋工場、富士車輌、若松車輌、ナニワ工機、協三工業、鉄道車輌工業の8箇所にて改造され本形式に編入された。

その後、ワム23000形と同様に、走り装置の二段リンク化改造が行われたが、形式・番号の変更は行われていない。形式消滅は1984年(昭和59年)。

各年度による製造会社(改造所)と両数は次のとおりである。

  • 昭和21年度 - 78両
    • 川崎車輛 26両 (ワム2000 - ワム2025)
    • 近畿車輛 52両 (ワム2026 - ワム2077)
  • 昭和23年度 - 600両
    • 汽車製造 200両 (ワム2078 - ワム2277)
    • 帝國車輛工業 320両 (ワム2278 - ワム2597)
    • 川崎車輛 80両 (ワム2598 - ワム2677)
  • 昭和30年度 - 600両
    • (長野工場) 80両 (ワム2678 - ワム2757)トキ900形よりの改造編入車
    • (新津工場) 100両 (ワム2758 - ワム2857)トキ900形よりの改造編入車
    • (名古屋工場) 100両 (ワム2858 - ワム2957)トキ900形よりの改造編入車
    • (富士車輌) 110両 (ワム2958 - ワム3067)トキ900形よりの改造編入車
    • (若松車輌) 30両 (ワム3068 - ワム3097)トキ900形よりの改造編入車
    • (ナニワ工機) 22両 (ワム3098 - ワム3119)トキ900形よりの改造編入車
    • (協三工業) 20両 (ワム3120 - ワム3139)トキ900形よりの改造編入車
    • (鉄道車輌工業) 18両 (ワム3140 - ワム3157)トキ900形よりの改造編入車

譲渡[編集]

  • ワム23380 → 上信電気鉄道ワム200(1950年)
  • ワム28711 → 上信電気鉄道ワム201(1950年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 通風口の増設など。
  2. ^ a b c d 『二十年史』p.53

参考文献[編集]

  • 高砂工場20年史編さん委員会 『二十年史』 日本国有鉄道高砂工場、1965年
  • 輸送業務研究会『貨車の知識』交通日本社 1970年。
  • 貨車技術発達史編纂委員会『日本の貨車―技術発達史―』2009年 社団法人 日本鉄道車輌工業会

関連項目[編集]