国鉄ワム21000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄ワム21000形貨車
基本情報
車種 有蓋車
運用者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
所有者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
製造所 汽車製造日本車輌製造川崎車輌
製造年 1929年(昭和4年) - 1930年(昭和5年)
製造数 1,000両
消滅 1984年(昭和59年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 7,830 mm
全幅 2,731 mm
全高 3,740 mm
荷重 15 t
実容積 37.6 m3
自重 10.1 t - 10.6 t
換算両数 積車 2.0
換算両数 空車 1.0
走り装置 一段リンク式二段リンク式
車輪径 860 mm
軸距 3,900 mm
最高速度 65 km/h→75 km/h
テンプレートを表示

国鉄ワム21000形貨車(こくてつワム21000がたかしゃ)は、日本国有鉄道の前身である鉄道省が製作した15 t 積み鋼製二軸貨車有蓋車)である。

概要[編集]

1929年(昭和4年)から製造が開始された15 t 積み鋼製有蓋車である。前年に製造されたワム20000形[1]は、外板に木製の内張りを直接張ったものであったため、断熱性が劣りなどの輸送には不十分であった。これに対して、本形式では「二重羽目構造」と呼ばれる、外板を側柱の外側に張り、外板と木製の内張りの間に空間を設ける構造を初めて採用し、断熱性を向上させることに成功した。これによる車内容積の減少を防ぐため、車体幅がワム20000形の2,370mmから2,475mmに拡大された。また、荷扱用の戸口幅[2]が1,370mmから1,700mmに拡大されるなど、本形式で確立された車体の基本構造は、戦時型で木造に戻ったワム50000形を除き、以後のワム23000形ワム90000形などに引継がれた。

1929年(昭和4年)に600両、翌1930年(昭和5年)に400両、合計1,000両が、汽車製造(支店)、日本車輌製造(本店・支店)、川崎車輌新潟鐵工所、九州車輌の5社で製造された。しかし、折からの世界的な不況による貨物輸送量減少により、以後しばらくは本形式に準じた構造の10 t積の小型有蓋車ワ22000形が製造されることとなった。番号はワム21000 - ワム21999で、欠番はないが、後年、同一番号で2両存在しているものが発見され、一方をワム22000に改番している。

1938年(昭和13年)から1939年(昭和14年)にかけて、陸軍の要請により9両が中国に送られたが、その後の消息は不明である。内訳は北支方面に5両(標準軌改軌)、山西方面に4両(1,000mm軌間に改軌)である。

その後に製造されたワム23000形などとともに、標準型の15 t 積み有蓋車として使用されたが、1968年(昭和43年)10月ダイヤ改正を前に1967年(昭和42年)から1968年(昭和43年)にかけて、648両が延命工事と 12 t 長軸を使用した一段リンク式の走行装置を二段リンク式に改造した。1970年代半ばから本格的な廃車が始まり、1984年(昭和59年)までに全車が廃車となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 500両が製造された。最初の鋼製有蓋車で、鉄側有蓋車スム1形に内張りを追加したもの。
  2. ^ 引戸に「X型」の補強材が取付けられているのが、本形式の外観上の特徴にもなっていた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]