国鉄1275形蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新金谷駅前の「プラザロコ」で保存されている1275

1275形蒸気機関車(1275がたじょうききかんしゃ)は、かつて日本国有鉄道の前身である鉄道省に在籍したタンク式蒸気機関車である。

概要[編集]

元は、新潟臨港(後の新潟臨港開発)が1924年大正13年)の開業用にドイツのオーレンシュタイン・ウント・コッペルで3両を製造した、車軸配置0-6-0 (C) のサイド・ウェルタンク式機関車である。1922年(大正11年)に2両(1, 2製造番号10313, 10312)、1923年(大正12年)に1両(3。製造番号10590)が製造され、A形と称した。1941年昭和16年)に新潟臨港開発が国有化されたのに伴い、鉄道省籍を得たものである。その際、1275形 (1275 - 1277) が付与された。

1275は、1943年(昭和18年)7月に日本ステンレスの直江津工場に払い下げられ、同社の1となった。1972年(昭和47年)10月、大井川鉄道(現・大井川鐵道)が購入(入籍せず)し、千頭駅 - 川根両国駅間の側線で運転されたミニSL列車の牽引機として動態保存された。1975年(昭和50年)にはNHKテレビドラマ坊っちゃん」のロケ用に伊予鉄道1号機に似せて改装が行われたが、後に原形に復した。1989年平成元年)の運転終了後は、千頭駅構内で静態保存された後、1997年(平成9年)に新金谷駅前の「プラザロコ」に移された。

1276と1277については浜川崎駅に移り、終戦時は日本鋼管川崎製鉄所に貸与されていた。その後国有鉄道に戻ったが、1948年(昭和23年)に廃車解体された。

本形式は、コッペルの規格型機関車で、140HP(固定軸距)1,800mm形といわれ、新潟臨港の外に阿波電気軌道(後の阿波鉄道)へ同形車が1両入っている。その状況は、次のとおりである。これらの他に軌間762mmの同系車が両備軽便鉄道(後の鉄道省ケ217形・ケ240形)や朝鮮森林鉄道、西鮮殖産鉄道へ計10両入っている。

  • 1922年(2両)
    • 製造番号10312 - 新潟臨港鉄道 2 → 鉄道省 1276
    • 製造番号10313 - 新潟臨港鉄道 1 → 鉄道省 1275 → 日本ステンレス 1 → 大井川鉄道
  • 1923年(2両)
    • 製造番号10590 - 新潟臨港鉄道 3 → 鉄道省 1277
    • 製造番号10662 - 阿波電気軌道 8 → 鉄道省 8(ア5形)

阿波電気軌道[編集]

阿波電気軌道(後の阿波鉄道)へは1923年製の1両が入線し、5形 (8) として使用された。1933年(昭和8年)7月、国有化によって、鉄道省籍となった。国有化後の形式は1580形が予定されたが、結局阿波鉄道時代の形式に「ア」を付加した変則的なア5形となり、番号は8のままであった。国有化後はあまり使用されず、1937年(昭和12年)12月に廃車となった。

主要諸元[編集]

鉄道省1275形の諸元を記す。(新潟臨港鉄道竣工図)

  • 全長:6,998mm
  • 全高:3,325mm
  • 全幅:2,235mm
  • 軌間:1,067mm
  • 車軸配置:0-6-0 (C)
  • 動輪直径:830mm
  • 弁装置ワルシャート式
  • シリンダー(直径×行程):310mm×400mm
  • ボイラー圧力:12.4kg/cm2
  • 火格子面積:0.72m2
  • 全伝熱面積:42.6m2
    • 煙管蒸発伝熱面積:39.2m2
    • 火室蒸発伝熱面積:3.4m2
  • 小煙管(直径×長サ×数):45mm×2,400mm×117本
  • 機関車運転整備重量:21.46t
  • 機関車空車重量:17.16t
  • 機関車動輪上重量(運転整備時):25.40t
  • 機関車動輪軸重(各軸均等):7.15t
  • 水タンク容量:2.85m3
  • 燃料積載量:1.02t
  • 機関車性能
    • シリンダ引張力:4,880kg
  • ブレーキ装置:手ブレーキ蒸気ブレーキ

参考文献[編集]

  • 臼井茂信「国鉄蒸気機関車小史」1956年 鉄道図書刊行会
  • 臼井茂信「日本蒸気機関車形式図集成 1」1968年 誠文堂新光社
  • 臼井茂信「機関車の系譜図 2」1973年 交友社
  • 金田茂裕「形式別 国鉄の蒸気機関車 I・II」1984年 プレス・アイゼンバーン
  • 青木栄一「私鉄車両めぐり〔126〕大井川鉄道」鉄道ピクトリアル1984年9月号 (No.436)