国鉄3150形蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鉄道作業局 523(後の鉄道院 3152)

3150形は、かつて日本国有鉄道の前身である鉄道作業局・鉄道院・鉄道省に在籍したタンク式蒸気機関車である。

概要[編集]

元は、鉄道作業局1904年(明治37年)3月に自局の神戸工場で4両[1]を製作した車軸配置2-6-2(1C1)の単式2気筒飽和式タンク機関車で、番号は521 - 524(後にB7形)と称した。私鉄国有化を受けて1909年(明治42年)に実施された鉄道院の車両称号規程では、3150形3150 - 3153)に改番された。

東海道線京都馬場間の急勾配区間で使用するために製作されたもので、先にイギリスナスミス・ウィルソンから輸入されたB5形(後の3080形)と用途面では共通であるが、同じ神戸工場で製作されたB6形(後の2120形)との共通点も多い。同じ勾配線用であるB6形やF1形(後の9150形)と同様、反圧ブレーキを装備していた。

また、当時、神戸で汽車監察方を務めていた、リチャード・フランシス・トレビシックの指導により1902年(明治35年)から製作着手され、煙室前板の形状は彼の流儀の前板のみを下広がりとしたもの、弁装置ジョイ式である。

配置は終始京阪神地区で、大阪、神戸、梅小路などに所属し貨物列車の牽引に使用されていたが、1922年(大正11年)7月に全車が廃車解体され、民間に払下げられたり、保存されたものはない[2]。 

主要諸元[編集]

  • 全長:10,699mm
  • 全高:3,658mm
  • 全幅:2,460mm
  • 軌間:1,067mm
  • 車軸配置:2-6-2(1C1)
  • 動輪直径:1,245mm
  • 弁装置:ジョイ式基本型
  • シリンダー(直径×行程):406mm×610mm
  • ボイラー圧力:10.5kg/cm2
  • 火格子面積:1.4m2
  • 全伝熱面積:96.7m2
    • 煙管蒸発伝熱面積:88.4m2
    • 火室蒸発伝熱面積:8.27m2
  • ボイラー水容量:3.17m3
  • 小煙管(直径×長サ×数):44.5mm×3,334mm×190本
  • 機関車運転整備重量:50.23t
  • 機関車空車重量:39.51t
  • 機関車動輪上重量(運転整備時):37.37t
  • 機関車動輪軸重(第2動輪上):13.16t
  • 水タンク容量:5.95m3
  • 燃料積載量:2.29t
  • 機関車性能
    • シリンダ引張力:7,210kg
  • ブレーキ装置:手ブレーキ真空ブレーキ反圧ブレーキ

脚注[編集]

  1. ^ 製造番号は付されていないが、22 - 25に相当する。
  2. ^ 金田は廃車26年後の1948年に鷹取工場のスクラップ置き場でボイラを実見している「日本蒸気機関車史 官設鉄道編」260頁

参考文献[編集]

  • 臼井茂信「国鉄蒸気機関車小史」1956年、鉄道図書刊行会
  • 臼井茂信「日本蒸気機関車形式図集成」1969年、誠文堂新光社
  • 臼井茂信「機関車の系譜図 2」1972年、交友社
  • 金田茂裕「形式別 日本の蒸気機関車II」エリエイ出版部刊
  • 金田茂裕「日本蒸気機関車史 官設鉄道編」エリエイ出版部刊