国鉄C40形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄C40形コンテナ
JR貨物へ以降後のC40形コンテナ(東水島駅)
JR貨物へ以降後のC40形コンテナ(東水島駅
全長(内寸法) 3,658mm (3,538mm)
全幅(内寸法) 2,438mm (2,318mm)
全高(内寸法) 2,500mm (2,193mm)
荷重 5t
内容積 17.9m3
自重 1.3t
扉位置 片側側面、片側妻面
製造初年 1986年(昭和61年)
形式消滅年 2007年(平成19年)
製造メーカー 日本車輌製造
製造数 100個
外面色 青22号+白帯
テンプレートを表示

国鉄C40形コンテナ(こくてつC40がたコンテナ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1986年昭和61年)度に製造した、鉄道輸送用の12ft長5t積み有蓋コンテナである。

概要[編集]

日本通運が、たばこ輸送用として開発した私有コンテナNC2形の国鉄版である。日本車輌製造で100個のみ製造され、たばこ輸送専用として特定駅に常備して運用された。

1987年(昭和62年)4月の国鉄民営化に際しては全数が引き継がれ、その後は汎用コンテナとしても使用されたが、2000年度(平成12年度)以降、19D形19F形19G形への置き換えにより、用途廃止・廃棄が進み、2007年度(平成19年度)に全廃された。

構造[編集]

C31形コンテナを基本とし、軽量品となる段ボール箱入りのたばこ製品を、従来の7段積から8段積みへと、より多く積めるように内寸高さを増しており、「背高コンテナ」と呼称された。片側扉及び片側妻扉の二方開きで、外法寸法は高さ2,500mm、幅2,438mm、長さ3,658mm、自重1.4t。内容積は17.9m3、最大積載量は5t。本形式で採用されたコンテナのサイズ(高さ)は、現在の最新形コンテナまで変わらず採用されている。

塗装は、地色が青22号「コンテナブルー」であり、C36形に比べて容積が拡大したことを示すため、白色の帯がある。

参考文献[編集]

  • 貨車技術発達史編纂委員会(編著)『日本の貨車 技術発達史 明治5(1872)年〜平成16(2004)年』社団法人日本鉄道車輌工業会、2008年3月。全国書誌番号:21465967
  • 吉岡心平『国鉄コンテナのすべて』下、ネコ・パブリッシング〈RM LIBRARY 122〉、2009年11月。ISBN 978-4-77705265-3。

関連項目[編集]