国鉄UC1形コンテナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国鉄UC1形コンテナ(こくてつUC1がたコンテナ)は、日本国有鉄道(国鉄)および1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は、日本貨物鉄道(JR貨物)輸送用として籍を編入している、12ft私有コンテナ(有蓋コンテナ#ドライ・コンテナ)である。積載重量5t、総重量は6.8tまでの12ft形で、国鉄以外の民間企業や団体等が所有する汎用コンテナが対象となったが、様々な構造を持つものが一括して包含されている。

国鉄では、自社所有の汎用コンテナで貨物需要に対処してきた経緯のために、私有コンテナ制度が始まった1970年(昭和45年)から15年が経過した1985年(昭和60年)5月より、有蓋私有コンテナの登録が始まった。

ロット[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています
1 ・ 2
日本電池所有。
3
(所有者不明)
4 - 6
福島臨海鉄道所有。この時代では珍しい、側面が対面開きである。
7
(所有者不明)
8
福島臨海鉄道所有。この時代では珍しい、側面が対面開きである。
9 - 12
(所有者不明)
13
佐渡汽船所有。初参加の近海輸送機での製造。
14
(所有者不明)
15
佐渡汽船所有。初参加の近海輸送機での製造。
16 ・ 17
(所有者不明)
18 ・ 19
佐渡汽船所有。初参加の近海輸送機での製造。
20 ・ 21
(所有者不明)
22
佐渡汽船所有。初参加の近海輸送機での製造。
23 - 25
(所有者不明)
26
佐渡汽船所有。初参加の近海輸送機での製造。
27 ・ 28
(所有者不明)
29
佐渡汽船所有。初参加の近海輸送機での製造。
30
(所有者不明)
31
佐渡汽船所有。初参加の近海輸送機での製造。
32 - 39
(所有者不明)
40
佐渡汽船所有。初参加の近海輸送機での製造。
41 - 47
(所有者不明)
48
佐渡汽船所有。初参加の近海輸送機での製造。
49
(所有者不明)
50 - 52
佐渡汽船所有。初参加の近海輸送機での製造。
53 - 62
(所有者不明)
63
日本フレートライナー所有。東急車輛製造で製作された珍しいアルミ製である。
※ 鉄道コンテナとしては始めてのハンガーコンテナである。

参考文献・出典[編集]

※リンク先の実写画像一覧表内で、【UC1】欄を参照のこと。

  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)。

関連項目[編集]