国防軍構想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

国防軍構想(こくぼうぐんこうそう)は日本が「国防軍」という組織を置くことにより、国家軍隊を持つようにするという構想。現在の日本では日本国憲法で国際問題の解決の為の戦力を持たないと定められているため国防軍の設置は憲法改正をしない限り(自衛隊の名称変更も含めて)不可能な状態であるという意見がある。(ただし自衛戦争の為の軍隊は合憲だとする見解もある。)現在の日本に置かれている自衛隊でいるが、これは国内法に則って設置された行政機関の一つとされているため軍隊に当てはまらないとしている。そのため現段階では警察と同様に国内法でできることが定められているものの、国防軍という形に組織変更がされ各国と同様の軍隊となるならば国内法から自由となり、国際法で禁止されている事柄以外は何でもできるようになるということである[1]

第46回衆議院議員総選挙自民党の政権公約では憲法改正により自衛隊を国防軍と位置づけるとされている[2][3]

関連項目[編集]

脚注[編集]