国際アマチュアムエタイ連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国際アマチュアムエタイ連盟(こくさいあまちゅあむえたいれんめい、International Federation of Muay Thai Amateur / IFMA)は アマチュアムエタイの国際組織の一つで、国際オリンピック委員会(IOC)公認団体GAISFに加盟するアマチュアムエタイ国際競技連盟である。またIOC承認国際競技連盟の集まりであるARISFに2017年加盟。

歴史[編集]

国際アマチュアムエタイ連盟は1990年に設立された。1994年に第1回国王杯(キングスカップ)世界選手権を開催した。1996年には、第18回シーゲームスで第1回女王杯(クイーンズカップ)女子選手権を開催した。

1998年の第18回アジア競技大会では、ムエタイが公開競技として行われた。同年6月24日にタイ国オリンピック委員会から認定される。

2000年7月10日に、パキスタンオリンピック協会から、ムエタイをアジア競技大会公開競技に認定される。2003年には初めてタイ国外のカザフスタンで世界選手権が行われた。そして、2004年には第1回アジア室内競技大会において正式競技となった。

2004年4月7日に韓国ソウルで行われた第40回GAISF総会において、IOC公認GAISF(一時「スポーツアコード」を名乗る)の一員としてに正式に認定された。

2016年12月6日、IOC承認国際競技連盟となる。2017年2月13日、ARISFにも満場一致で加盟が認められる。

階級[編集]

全14階級。もし1階級あたりの参加者が3人未満の場合、その階級での試合は行われない。

階級名称 体重
(キログラム/kg))
スーパーヘビー級 91.0kg以上
ヘビー級 85-91kg
クルーザー級 81-85kg
ライトヘビー級 75-81kg
ミドル級 71-75kg
ライトミドル級 67-71kg
ウェルター級 63.5-67kg
ライトウェルター級 60-63.5kg
ライト級 57-60kg
フェザー級 54-57kg
バンタム級 51-54kg
フライ級 48-51kg
ライトフライ級 45-48kg
ピン級 42-45kg

関連記事[編集]