国際ドッキングアダプタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IDA-2
IDA-1

国際ドッキングアダプタ (International Docking Adapter、IDA) は宇宙機ドッキング機構のひとつで、ロシア製のAPAS-95からNASAドッキングシステム (NDS) / 国際標準ドッキングシステム (IDSS) に変換するものである。IDAは国際宇宙ステーション (ISS) のハーモニーに取り付けられた2基の与圧結合アダプタ (PMAs) に据え付けられる予定である。

前史[編集]

IDA以前にも、同様の機能を持つドッキングアダプタが検討されていたが、開発中止の憂き目に遭ってきた。

ATLAS[編集]

ATLAS (APAS to LIDS Adapter System) は2008年に発表された[1]。これは、PMAに取り付けてAPAS-95を低衝撃ドッキングシステム英語版 (LIDS) に変換するものであった[1]。ATLASは、オリオン宇宙船によるISSへの有人ミッションの最初の2回で打ち上げられる予定であったが[1]、後にオリオン宇宙船のISSミッションは中止となり、乗員輸送は商業乗員輸送プログラムに委ねられることになった[2]

共通ドッキングアダプタ[編集]

共通ドッキングアダプタ

共通ドッキングアダプタ(Common Docking Adapter、CDA) は2009年に発表された[3]。これは共通結合機構をNASAドッキングシステムに変換するもので、日本のHTVで輸送し、ハーモニーの前方と天頂側に取り付けられる予定であった[4]

設計[編集]

IDAはAPAS-95をNASAドッキングシステム (国際標準ドッキングシステムに適合) に変換するもので、クルーや貨物だけでなく電力およびデータもやり取りすることができる[5]。IDAの重量は526キログラム (1,160ポンド) で、高さ110センチメートル (42インチ)、幅160センチメートル (63インチ) である[5][6]。ドッキングターゲットやレーザー反射器および関連システムを外周に取り付ける場合、外径は約240センチメートル (94インチ) になる[5]

IDAの主契約者はボーイングで、同社のヒューストンプロダクトサポートセンターで組み立てられる[7][8]。ロシアのRKKエネルギアから供給される一次構造部材に、全米25州に点在する協力会社から納入される部品が組み付けられる[5][8]

IDAモジュールの設置[編集]

IDAは、 デクスターでドラゴン宇宙船の貨物室から取り出し、PMAの前方 約30センチメートル (1フィート) に移動され、慎重にPMAに設けられた取付座に取り付けられる[8]。その後、宇宙飛行士の船外活動により電気接続を行い、固定する[8]

IDA-1はハーモニーの前方PMA (PMA-2)、IDA-2は天頂側PMA (PMA-3) に設置される予定であった[9][10]。しかし、IDA-1が打ち上げ失敗により失われたため、IDA-2はIDA-1の代わりにPMA-2に取り付けられた[11][12]。IDA-1の代わりにIDA-3が製作され、PMA-3に取り付けられる予定である[11]

IDA-1[編集]

宇宙塵カバーを取り付けられたIDA-1

2015年2月、IDA-1はボーイングのヒューストン工場からケネディ宇宙センターに輸送された[8]。IDA-1に取り付けられるドッキングシステム機材は、打ち上げ前に1ヶ月に渡って宇宙ステーション整備施設で動作試験が行われた[5]

IDA-1は2015年6月28日のスペースX CRS-7の打ち上げ失敗により失われた[9][10][13]

IDA-2[編集]

IDA-2。宇宙塵カバーは取り付けられていない。

IDA-2は2016年7月18日のスペースX CRS-9で打ち上げられた[14]。その後、2016年8月19日の船外活動でPMA-2に取り付けられた[12]

IDA-3[編集]

IDA-3は2019年5月のスペースX CRS-18で打ち上げられる予定である[15]。IDA-3は速やかに打ち上げるため、ほとんどが予備部品で構成されている[16]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Coppinger, Rob (2008年1月4日). “NASA develops new docking system for Constellation”. Flightglobal. 2015年1月19日閲覧。
  2. ^ Klotz, Irene (2014年6月18日). “Orion No Backup for Commercial Crew, Says Bolden”. SpaceNews. 2015年2月28日閲覧。
  3. ^ Recovery Act: United States On-orbit Segment Phase II Development of International Space Station Common Docking Adapter”. SpaceRef (2009年10月7日). 2015年2月28日閲覧。
  4. ^ Hatfield, Skip (2010年11月17日). “NASA Docking System (NDS) Technical Integration Meeting”. NASA. 2015年2月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e Siceloff, Steven (2015年6月27日). “Docking Adapter Sets Stage for Commercial Crew Craft”. NASA. 2015年6月28日閲覧。
  6. ^ SpaceX CRS-7 Mission Overview”. NASA (2015年6月). 2015年6月28日閲覧。
  7. ^ SpaceX Pre-Launch Briefing from NASA's Kennedy Space Center”. NASA (2015年6月27日). 2015年6月28日閲覧。
  8. ^ a b c d e Space Station Live: The ABCs of IDA (video)”. NASA (2015年2月20日). 2015年2月28日閲覧。
  9. ^ a b Hartman, Dan (2012年7月23日). “International Space Station Program Status”. NASA. 2012年8月10日閲覧。
  10. ^ a b Hartman, Daniel (2014年7月). “Status of the ISS USOS”. NASA Advisory Council HEOMD Committee. 2014年10月26日閲覧。
  11. ^ a b Scimemi, Sam (2015年11月4日). “HSF Transition from ISS to cis-lunar space and ISS Status”. NASA. 2015年11月29日閲覧。
  12. ^ a b Harwood, William (2016年8月19日). “Spacewalkers attach docking adapter to space station for commercial vehicles”. Spaceflight. http://spaceflightnow.com/2016/08/19/spacewalkers-attach-new-port-to-space-station-for-commercial-spacecraft/ 2016年8月20日閲覧。 
  13. ^ Foust, Jeff (2015年6月28日). “Docking Adapter, Satellites, Student Experiments Lost In Dragon Failure”. SpaceNews. 2015年6月29日閲覧。
  14. ^ Jason Rhian (2016年7月18日). “SpaceX Conducts Second Ground Landing After Launch Of CRS-9 Dragon To ISS”. Spaceflight Insider. http://www.spaceflightinsider.com/organizations/space-exploration-technologies/spacex-launches-seventh-mission-2016-nasas-crs-9/ 
  15. ^ Pietrobon, Steven (2018年8月20日). “United States Commercial ELV Launch Manifest”. 2018年8月21日閲覧。
  16. ^ Stephen Clark (2016年5月1日). “Boeing borrows from inventory to speed docking adapter delivery”. Spaceflight Now. https://spaceflightnow.com/2016/05/01/boeing-borrows-from-inventory-to-speed-docking-adapter-delivery/