国際医療福祉大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国際医療福祉大学
晩秋の大田原キャンパス (落葉の絨毯)
晩秋の大田原キャンパス
(落葉の絨毯)
大学設置/創立 1995年
学校種別 私立
設置者 学校法人国際医療福祉大学
本部所在地 栃木県大田原市北金丸2600-1
北緯36度52分12.79秒 東経140度4分9.14秒 / 北緯36.8702194度 東経140.0692056度 / 36.8702194; 140.0692056座標: 北緯36度52分12.79秒 東経140度4分9.14秒 / 北緯36.8702194度 東経140.0692056度 / 36.8702194; 140.0692056
キャンパス 大田原(栃木県大田原市)
小田原(神奈川県小田原市)
福岡(福岡県福岡市早良区)
大川(福岡県大川市)
東京赤坂(東京都港区)
熱海(静岡県熱海市)
成田 (千葉県成田市)
学部 保健医療学部
医療福祉学部
薬学部
小田原保健医療学部
福岡看護学部
福岡保健医療学部
成田看護学部
成田保健医療学部
医学部
赤坂心理・医療福祉マネジメント学部
研究科 医療福祉学研究科
薬科学研究科
薬学研究科
ウェブサイト 国際医療福祉大学公式サイト
テンプレートを表示

国際医療福祉大学(こくさいいりょうふくしだいがく、英語: IUHW (International University of Health and Welfare))は、栃木県大田原市北金丸2600-1に本部を置く日本私立大学である。1995年に設置された。大学の略称は主に国際医療。他に国際医療福祉、国際医福大、医療福祉大、医療大、福祉大、こっぷく(国福)、IUHW。

概説[編集]

医療福祉専門職の養成とその地位向上をめざし、「日本初の医療福祉を専門とする総合大学」として、1995年平成7年)に設立された。 本部のある栃木県を始め、東京都、静岡県に合計4つの病院がある。 2017年(平成29年)4月に千葉県成田市医学部を開学[1]。2020年には39科640床規模の国際的な附属病院もオープンを予定している[2][広報 1]

卒業生(国家試験合格者)は社会福祉協議会や医療機関、社会福祉施設などの社会福祉・医療分野や、行政、企業等の分野に就職している。

福岡県にもキャンパスを持つ。これは現在の福岡県大川市に元々あった眼科の医院が総合病院(医療法人社団高邦会)となり、高邦会が国際福祉大学の設置母体となったことによる[注釈 1]。このため、この大学と福岡にある高木学園(この大学同様、高邦会が母体)、複数の医療法人・社会福祉法人などとともに「国際医療福祉大学・高邦会グループ」を構成する。

2018年4月、東京赤坂キャンパスを開設。赤坂心理・医療福祉マネジメント学部の新設とあわせ、大学院のキャンパスを東京・青山から移転拡充した。

成田における医学部新設[編集]

医療費抑制政策の一環として、政府は長年、医学部の新設を認めなかった[3]。成田キャンパスの医学部は国家戦略特区制度により新設が認められた[4][広報 2]。成田市は、新東京国際空港(成田空港)の地元という立地を生かした「医科系大学及び成田国際空港を核とした医療産業集積構想」を策定し、国家戦略特区による医療学園都市構想を提案していた[広報 3]。この構想の一部として、国際医療福祉大学が「国際医療福祉大学医学部設置準備委員会」を設立して医学部新設を検討し[広報 4]、実現した。近年の医師不足を背景に、日本の私立大学の医学部で最も低い授業料を目指した[要出典]

成田市が取得の市有地を無償貸与して[5]補助金45億円を負担し[6]、千葉県が補助金35億円を負担した[6]

成田キャンパスは成田看護学部と成田保健医療学部の2学部で京成本線公津の杜駅前に2016年4月開校[7]、さらに2017年4月には医学部が新設された[1]

国際性を重視する特区認定の趣旨により、医学部は定員140人のうち20人が留学生枠。1年生後期から2年生にかけて、ほとんどの授業が英語で行われる。さらに6年次には4週間以上の海外臨床実習を義務付けるカリキュラムで、約30の国・地域に協力施設を確保している[8]

歴史[編集]

  • 1988年(昭和63年)4月 - 設立に向けて調査活動開始
  • 1989年(平成元年)4月 - 「国際医療福祉大学設立構想委員会」発足
  • 1992年(平成4年)12月 - 文部省(当時)の許可により「財団法人国際医療福祉大学設立準備財団」設立
  • 1993年(平成5年)7月 - 学校法人の寄附行為認可申請ならびに大学設置認可申請(一次)
  • 1994年(平成6年)
    • 6月 - 学校法人の寄付行為認可申請の一部変更、大学設置認可申請の一部変更申請(二次)
    • 12月 - 文部省(当時)より学校法人国際医療福祉大学並びに国際医療福祉大学の設置が認可される
  • 1995年(平成7年)4月 - 国際医療福祉大学開学、保健学部を開設
  • 1997年(平成9年)4月 - 医療福祉学部を開設
  • 1998年(平成10年)10月 - 国際医療福祉総合研究所を開設
  • 1999年(平成11年)4月 - 大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻(修士課程)を開設
  • 2001年(平成13年)4月 - 大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻(博士後期課程)および医療福祉経営専攻(修士課程)を開設
  • 2002年(平成14年)
    • 4月 - 保健学部に視機能療法学科、医療福祉学部医療福祉学科に介護福祉士コースを開設
    • 7月 - 国際医療福祉大学附属熱海病院を開院
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)4月 薬学部を6年制に改組、小田原保健医療学部を開設
  • 2007年(平成19年)
    • 2月 国際医療福祉病院を附属病院として国際医療福祉大学病院に改称[介護老人保健施設マロニエ苑、にしなすの総合在宅ケアセンターが附属施設となる。国際医療福祉大学附属熱海病院を国際医療福祉大学熱海病院に、国際医療福祉大学附属三田病院を国際医療福祉大学三田病院に改称
    • 4月 - 保健学部を保健医療学部に、リハビリテーション学部を福岡リハビリテーション学部に名称変更。福岡リハビリテーション学部に言語聴覚学科を開設。大学院医療福祉学研究科に臨床心理学専攻(修士課程)を開設
    • 8月 - 自治医科大学と連携し、平成19年度文部科学省「がんプロフェッショナル養成プラン」に採択される。
  • 2009年(平成21年)
    • 4月 - 福岡看護学部を開設。医療経営管理学科、医療福祉学科を統合し、医療福祉・マネジメント学科を開設。大学院薬科学研究科医療・生命薬科学専攻(修士課程)を開設。国際医療福祉大学塩谷病院 開院
  • 2010年(平成22年)4月 - 大学院薬科学研究科の医療・生命薬科学専攻(修士課程)の学生募集を停止し、生命薬学専攻(修士課程)を開設
  • 2012年(平成24年)4月 - 大学院薬学研究科医療・生命薬学専攻(博士課程)を開設
  • 2013年(平成25年)4月 - 福岡リハビリテーション学部を福岡保健医療学部に名称変更。福岡保健医療学部に医学検査学科を開設。大学院に文部科学省の「がんプロフェッショナル養成プラン」に基づく「がん先端医療に対する多職種連携重点コース」を開設
  • 2016年(平成28年)4月 - 成田看護学部、成田保健医療学部を開設[7]
  • 2017年(平成29年)4月 - 成田キャンパスに医学部を開設[1]
  • 2018年(平成30年)4月 - 東京赤坂キャンパスを開設、赤坂心理・医療福祉マネジメント学部の新設とあわせ、大学院のキャンパスを青山より移転拡充

キャンパス[編集]

国際医療福祉大学遠景
栃木県大田原キャンパス 管理棟
東京赤坂キャンパス
小田原キャンパス
現在のキャンパス
成田看護学部・成田保健医療学部・医学部・大学院
  • 東京赤坂キャンパス(東京都港区赤坂4-1-26)

  赤坂心理・医療福祉マネジメント学部・大学院

以上のほか、大学院のみのキャンパスとして以下のキャンパスがあり、専攻・コース・分野・課程によっては以下のキャンパスでも授業を受講することができる。

  • 熱海キャンパス(静岡県熱海市東海岸町13-1 国際医療福祉大学熱海病院内)
閉鎖されたキャンパス

学部・学科[編集]

  • 保健医療学部
    • 看護学科
    • 理学療法学科
    • 作業療法学科
    • 言語聴覚学科
    • 視機能療法学科
    • 放射線・情報科学科
  • 医療福祉学部
    • 医療福祉・マネジメント学科
      • 社会福祉コース
      • 精神保健福祉コース
      • 介護福祉コース
      • 診療情報管理コース
      • 医療福祉マネジメントコース
  • 薬学部
    • 薬学科
  • 医学部
    • 医学科
  • 成田看護学部
    • 看護学科
  • 成田保健医療学部
    • 理学療法学科
    • 作業療法学科
    • 言語聴覚学科
    • 医学検査学科
  • 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部
    • 心理学科
    • 医療マネジメント学科
  • 小田原保健医療学部
    • 看護学科
    • 理学療法学科
    • 作業療法学科
  • 福岡看護学部
    • 看護学科
  • 福岡保健医療学部
    • 理学療法学科
    • 作業療法学科
    • 言語聴覚学科
    • 医学検査学科

大学院[注釈 2][編集]

  • 医療福祉学研究科
    • 保健医療学専攻(修士課程・博士課程)
    • 医療福祉経営専攻(修士課程)
    • 臨床心理学専攻(修士課程)
  • 薬科学研究科
    • 生命薬科学専攻(修士課程)
  • 薬学研究科
    • 医療・生命薬学専攻(博士課程)
  • 医学研究科
    • 医学専攻(博士課程)
    • 公衆衛生学専攻(修士課程)

附属研究所[編集]

  • 国際医療福祉総合研究所(東京都港区)

附属病院[注釈 3][編集]

国際医療福祉大学三田病院

関連施設・病院等[編集]

関連する法人による運営のものを含む

  • 介護老人保健施設「マロニエ苑」(国際医療福祉大学病院に隣接、栃木県那須塩原市)
  • 「にしなすの総合在宅ケアセンター」(国際医療福祉大学病院に隣接、栃木県那須塩原市)
  • 特別養護老人ホーム「栃の実荘」(栃木県那須塩原市)
  • 国際医療福祉リハビリテーションセンター(大田原キャンパス内に設置、栃木県大田原市)
  • 「おおたわら総合在宅ケアセンター」(大田原キャンパス内に設置、栃木県大田原市)
  • 特別養護老人ホーム「おおたわら風花苑」(大田原キャンパス内に設置、栃木県大田原市)
  • 情緒障害児短期治療施設「那須こどもの家」(大田原キャンパス内に設置、栃木県大田原市)
  • 山王病院東京都港区
  • 山王メディカルセンター(東京都港区)
  • グループホーム青山(東京都港区)
  • 特別養護老人ホーム/障害者支援施設「新宿けやき園」(東京都新宿区
  • 高木病院(福岡県大川市
  • 柳川リハビリテーション病院(介護老人保健施設「水郷苑」に隣接、福岡県柳川市
  • みずま高邦会病院(福岡県三潴郡
  • 福岡山王病院(福岡県福岡市早良区
  • 介護老人保健施設「水郷苑」(柳川リハビリテーション病院に隣接、福岡県柳川市)
  • 有明総合ケアセンター(福岡県柳川市)
  • ケアサポートハウス大川(福岡県大川市)
  • 総合ケアセンターももち(福岡山王病院と同敷地内、福岡県福岡市早良区)
  • 重症心身障害児(者)施設「柳川療育センター」(福岡県柳川市)
  • 軽費老人ホーム「おおかわケアハウス」(福岡県大川市)

対外関係[編集]

同一法人[編集]

  • 国際医療福祉大学塩谷看護専門学校

他の法人[編集]

この他に海外研修などで交流をしている大学や病院、研究所が複数存在する。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大学側が公表している資料や、「国際医療福祉大学・高邦会グループ」のホームページにある理事長高木邦格の「ご挨拶」[1]による(2015年8月1日確認)。
  2. ^ 医療福祉学研究科の保健医療学専攻、医療福祉経営専攻、薬科学研究科生命薬科学専攻に設置されている「分野」、「領域(コース)」については、ここでは省略した。この件については学生募集要項などを参照・閲覧されたい。
  3. ^ 大学の公式ページにある『大学の組織』の図では、附属病院ではなく「大学附属施設」という表現がなされ、本項で取り上げた病院およびクリニックが上げられている。また、この図によれば「大学附属施設」には、後述する介護老人保健施設のマロニエ苑、にしなすの総合在宅ケアセンターと国際医療福祉大学塩谷看護専門学校も含まれることとなっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c “特区で38年ぶり医学部 1期生140人が入学 成田・国際医療福祉大”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 10. (2017年4月3日) 
  2. ^ “国際医療福祉大学 病院棟は640床39科 成田市、議会に概要説明”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 9. (2016年9月15日) 
  3. ^ “医学部新設の容認検討 30年ぶり方針転換 文科省 成田市も誘致に前向き”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 1. (2010年6月19日) 
  4. ^ “成田医学部を正式認定 国家戦略特区”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 1. (2015年11月28日) 
  5. ^ “地方発ワイド 千葉県内2番目の医学部始動 公津の杜で取得の市有地 国際医療福祉大学に無償貸与”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 10. (2015年10月3日) 
  6. ^ a b “千葉県の補助35億円 成田市は45億円負担へ 医学部新設”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 8. (2016年2月5日) 
  7. ^ a b “国際医療福祉大学が開学 看護など2学部、1期生370人 成田”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 10. (2016年4月5日) 
  8. ^ 「新設医学部 未来変えるか/国際医療福祉大-海外での臨床実習も グローバル人材育成」『日本経済新聞』朝刊2018年7月2日(医療・健康面)2018年7月5日閲覧

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]