国際協力局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

国際協力局(こくさいきょうりょくきょく)は、外務省内部部局の一つ。2006年8月に経済協力局と大臣官房の国際社会協力部が統合して設置され、従来、異なる部局が担当していた技術協力無償資金協力有償資金協力、それぞれの二国間援助、そして多国間援助、といったODAの機能を一括して担当する[1]

なお、外務省には、1951年から1958年まで同名の「国際協力局」が設置されていたが、こちらの管轄は、ODAでなく、国際機関や国際会議への参加に関する事務であり、後の国際連合局(現在の総合外交政策局の前身)の前身だったので、同名でも大きく異なる[1]

職務[編集]

組織[編集]

  • 局長
  • 審議官
  • 参事官
  • 政策課
    • 民間援助連携室
  • 開発協力総括課
    • 開発協力企画室
    • 事業管理室
  • 緊急・人道支援課
  • 国別開発協力第一課
  • 国別開発協力第二課
    • アフガニスタン支援室
  • 国別開発協力第三課

歴代局長[編集]

出典[編集]