国際吃音理解啓発の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ISAD リボン

国際吃音理解啓発の日(こくさいきつおんりかいけいはつのひ、英語、International Stuttering Awareness Day、略称、ISAD)は、1998年に国際吃音者連盟・国際流暢性学会などによって定められた[1]、世界に数百万人(総人口の1%[2][3])いるとされる吃音(きつおん)や言語障害を持った人に対する理解啓発を目的とする日。10月22日。

組織[編集]

国際吃音理解啓発の日は、次の3団体によって組織されている[4]

  • ヨーロッパ吃音協会連合
  • 国際流暢性協会
  • 国際吃音協会

活動[編集]

国際吃音理解啓発の活動として、オンライン会議を含めて毎年10月1日から22日まで、言語病理学者に加えて吃音や言語障害に関心のある人々によって会議が行われる[5][6] [4]。 1998年以降の各年の会議録はオンラインで閲覧できる[7]。 そこには、公的な自覚イベント、メディアキャンペーン[8][9][10]、教育活動、およびオンラインソースも掲載されている。

イギリスの雑誌コミュニティケアーに国際吃音理解啓発の日の記事として掲載された、ブルガリア吃音協会のイリーナ・パペンチヴァから取材した記事において、障害を持つ人むけのサービスプロバイダーのヨーロッパ協会の熱烈な支持者たちは、吃ることについて、斬新な態度を要求したと報じた。それは、『誰もが吃音者と会話したり議論したりする時に、敏感な注意を払う責任を持っている。』『吃ることが奇妙なことではない。』と述べている [11]

吃音に関する組織[編集]

  • 国際吃音協会

アメリカ

  • アメリカ吃音研究所
  • 全米吃音協会
  • アメリカ吃音連盟
  • 西部ペンシルバニア吃音センター

ヨーロッパ

  • ヨーロッパ吃音協会連合
    • 英国吃音協会
    • ミカエル・パラン吃音児童センター

アジア

  • イスラエル吃音協会
  • インド吃音協会
  • 言友会(NPO法人 全国言友会連絡協議会)[12]

脚注[編集]

  1. ^ Sugarman, Michael (2004年8月). “International Stuttering Awareness Day – ISAD from conception to present day”. Minnesota State University, Mankato, United States. 2012年10月29日閲覧。
  2. ^ “Journée mondiale du BÉGAIEMENT: Un trouble du langage à la rencontre d'autrui”. Sante log (Roubaix, France). (2012年10月22日). http://www.santelog.com/news/sante-de-l-enfant/journee-mondiale-du-begaiement-un-trouble-du-langage-a-la-rencontre-des-autres_9230_lirelasuite.htm 2012年10月30日閲覧。 
  3. ^ Bush, Lawrence (2012年10月21日). “October 22: International Stuttering Awareness Day”. Jewish Currents. 2012年10月30日閲覧。
  4. ^ a b “UWE academic takes part in online stuttering conference” (プレスリリース), University of the West of England, Bristol, UK, (2007年9月25日), http://info.uwe.ac.uk/news/UWEnews/news.aspx?id=1121 2012年10月29日閲覧。 
  5. ^ The Stuttering Home Page, Minnesota State University, Mankato
  6. ^ “Nosením zelenej stužky sa dá vyjadriť pochopenie pre koktavých ("Wearing green ribbons can express sympathy for stuttering")”. Topky (Bratislava, Slovakia). (2012年10月20日). http://www.topky.sk/cl/13/1328371/Nosenim-zelenej-stuzky-sa-da-vyjadrit-pochopenie-pre-koktavych 30 October 2012閲覧。 
  7. ^ conferences
  8. ^ International Stuttering Awareness Day (ISAD): October 22”. International Stuttering Association. 2012年10月29日閲覧。
  9. ^ “Stutter group’s daredevil stunt”. The Epworth Bells and Crowle Advertiser (Epworth, Lincolnshire, UK). (2012年10月25日). http://www.epworthbells.co.uk/community/stutter-group-s-daredevil-stunt-1-5060300 2012年10月30日閲覧。 
  10. ^ “3% of the population stutters in Cameroon”. 237online.com (Douala, Cameroon). (2012年10月23日). http://www.237online.com/2012102310385/Actualites/Sante/3-de-la-population-est-begue-au-cameroun.html 2012年10月30日閲覧。 
  11. ^ Papencheva, Irina and Madden, Phil (2012年10月21日). “International Stammering Awareness Day; stuttering is not funny”. Community Care (London). http://www.communitycare.co.uk/Articles/14/10/2010/115575/international-stammering-awareness-day-stuttering-is-not-funny.htm 31 October 2012閲覧。 
  12. ^ NPO法人 全国言友会連絡協議会

関連項目[編集]