国際図書館連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロゴ

国際図書館連盟(こくさいとしょかんれんめい、International Federation of Library Associations and Institutions)は、図書館国際組織。略称はIFLA

1927年、スコットランドのエディンバラで設立。14の欧州各国とアメリカが最初の加盟だった。1929年にはイタリアのローマで最初の総会が行われた。 1930年代になると欧米のほかに中国、インド、日本、メキシコ、フィリピンなども加盟するようになり、現在は160カ国・1600団体が加盟している。本部はオランダのデン・ハーグにある。IFLAは、毎年開催されるIFLA世界図書館および情報会議(年次大会)を後援し、社会的、教育的、文化的、民主的、および経済的エンパワーメントのための情報、アイデア、想像力への普遍的かつ公平なアクセスを促進している。1986年の年次大会は東京で開催された[1]

文化財保護を目的とした非政府組織であるブルーシールド国際委員会英語版の構成団体でもある。

IFLAが実施しているプロジェクト[編集]

  • Action for Development through Libraries Programme (ALP)
  • Committee on Copyright and other Legal Matters (CLM)
  • Committee on Free Access to Information and Freedom of Expression (FAIFE)
  • Strategic Programme on Preservation and Conservation (PAC)
  • IFLA Trend report
  • IFLA WLIC(World Library and Information Congress:世界図書館情報会議): IFLAの開催する国際カンファレンス。

脚注[編集]

  1. ^ 日本図書館協会の歴史 2020年2月6日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]