国際貿易大臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリスの旗 イギリス
国際貿易大臣
Secretary of State for International Trade
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg
Official portrait of Elizabeth Truss crop 2.jpg
現職者:
リズ・トラス

就任日: 2019年7月24日
担当官庁 国際貿易省英語版
任期 女王陛下の仰せのままに
任命者 女王エリザベス2世
首相の助言に基づく)
初代 リアム・フォックス
創設 2016年7月13日
テンプレートを表示

国際貿易大臣(こくさいぼうえきだいじん、英語: Secretary of State for International Trade)は、イギリスの閣僚ポスト。担当官庁は国際貿易省英語版であり、職務はイギリスを代表して外国との国際貿易協定英語版交渉を行うことである。

2016年6月23日に行われたイギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票で離脱支持側が51.89%で勝利し、欧州連合からの離脱が決定したため、新しい貿易協定を締結する必要が生じた。その結果、首相テリーザ・メイは2016年7月13日に就任した直後に国際貿易大臣の職を創設した。

初代国際貿易大臣は2016年7月13日に任命された元国防大臣リアム・フォックスであり[1]、フォックスは通商委員会議長を兼任した[2][3]。2020年1月現在の国際貿易大臣はリズ・トラスである。

歴代大臣[編集]

政党別色分け
      保守党

名前 肖像 在任 政党 内閣
リアム・フォックス Official portrait of Dr Liam Fox crop 2.jpg 2016年7月13日 2019年7月24日 保守党 第1次メイ内閣
第2次メイ内閣
リズ・トラス Official portrait of Elizabeth Truss crop 2.jpg 2019年7月24日 (現職) 保守党 第1次ジョンソン内閣
第2次ジョンソン内閣

脚注[編集]

  1. ^ "Liam Fox is appointed Secretary of State for International Trade" (英語). 2016-07-14. 2016年7月14日閲覧
  2. ^ "Liam Fox ridiculed for being only member of new UK board of trade". The Guardian. 12 October 2017. 2017年11月3日閲覧
  3. ^ "Secretary of State for International Trade and President of the Board of Trade". GOV.UK. 2016年7月18日閲覧