国際連合リベリア監視団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国際連合リベリア監視団
概要 平和維持活動
略称 UNOMIL
状況 活動終了
決議 安保理決議866
活動開始 1993年9月22日
活動終了 1997年9月12日
活動地域 リベリア
公式サイト UNOMIL
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際連合リベリア監視団(こくさいれんごうリベリアかんしだん United Nations Observer Mission in Liberia,UNOMIL)は、リベリアに展開した国際連合平和維持活動第一次リベリア内戦リベリア内戦)の和平合意を受けて、1993年9月22日の国連安保理決議866号を基に設立された。西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)派遣の多国籍軍西アフリカ諸国経済共同体平和維持軍(ECOMOG)と協力し、停戦の監視および選挙の実施にあたった。

概要[編集]

1989年に勃発した第一次リベリア内戦は、激化の途をたどり、国際社会の憂慮するところとなった。1990年には西アフリカ諸国による平和維持軍(ECOMOG)が派遣されたが、停戦には至らなかった。三派の武装勢力による紛争が続いたが、1993年になると、経済制裁や国際的な仲介が功を奏し、7月にベナンコトヌーにおいて和平合意が結ばれた。この和平合意を受けて9月22日に国連安保理決議866号が出され、国際連合リベリア監視団(UNOMIL)が設立された。

UNOMILの任務は、ECOMOGと協力し、停戦状況の監視、武器密輸および武装解除状況の監視、選挙活動の検証、人道援助活動の支援、復員の支援、地雷除去支援、人権状況の監視などであった。必要に応じて、ECOMOGは強制力を発揮したが、UNOMILはそれとは別個のものとして、非強制的平和維持活動にあたった。UNOMILの当初の規模は、軍事要員303名、軍医20名、工兵45名、その他文民284名。

和平合意されたものの、停戦には至らず、武力衝突がその後も継続した。選挙実施が合意されていたものの、それは延期された。1996年4月にも停戦が再合意されたが効力を持たず、5月に入りECOMOGが強制的に首都の治安を回復させた。その後、ECOMOG/UNOMILによる平和維持活動が続き、民兵の武装解除が行なわれた。国際的な監視の下、選挙が実施されたのは1997年7月のことであった。この選挙の結果を受けて、チャールズ・テーラー大統領に選出された。これにより、UNOMILは任務を完了したとして、9月に解散した。その後、1997年12月に国際連合リベリア平和構築支援事務所)(United Nations Peace-building Office in Liberia,UNOL)が設置され、和平構築支援を行なうこととなった。